もしもの老子

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「ラプラスの魔女」

<<   作成日時 : 2018/05/15 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

広瀬すずが出演しているから見た映画です。
何も知らずに見たのですが櫻井翔が出てきたので、そういえばテレビで
番宣していることを思い出しました。原作が東野圭吾ということも初めて
知りました。
序盤は筋が読めなくて一体どうなっているのかと思っていたのですが未
来が予測できるという超能力を持った若い二人にどんでん返しを食らっ
てしまいました。
地方の温泉地で、硫化水素による中毒事故が起こり、映画プロデューサ
ーの水城義郎が死亡する。
中岡刑事(玉木宏)は事故調査を担当した地球科学研究者の青江修介教
授(櫻井翔)に、今回の事件の他殺の可能性や、その方法を質問するが青
江は「他殺で今回の条件を作り出すのは不可能」と断言する。
ところが、一ヶ月ほどが経って、違う温泉場で同じく硫化水素による死亡
事故が起こります。現場を訪れた青江は、そこで前回の現場でも見かけた
一人の少女・円華(広瀬すずに出会い、彼女の不思議な能力を目にするこ
とになります。
画像

映画監督・甘粕(豊川悦司)と息子・謙人(福士蒼太)、円華の父で医者の
羽原(リリー・フランキー)と共演者も面白い。
青井教授の活動がなんとなく役不足で、主演・櫻井翔ということになって
いるのですが広瀬すずじゃないのと思ってしまいました。
虚構の世界を作ろうとする映画監督・甘粕と安倍首相が重なって見えました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画「ラプラスの魔女」 もしもの老子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる