昭和歌謡「港町十三番地」、「異国の丘」

画像

美空ひばりの「港町十三番地」をよく歌っていた。
子どもの頃の話です。それは、私が13番地に住んでいたからです。
よく知られているように美空ひばりは横浜育ちの「浜っ子」です。
そして、所属したレコード会社のコロンビア本社が川崎市港町六番地
にあった。作詞家の石本美由紀はこの地名をヒントにしたらしい。
京急大師線の「港町駅」に港町十三番地の歌碑があると聞いて先日、
訪ねてきました。駅舎の中にありました。
画像

ホームにも楽譜の描かれた壁画があり、電車が近づくと楽曲が鳴って
いました。
画像


福島県のJR桑折駅前に「異国の丘」の歌碑がある。作詞者の出身地
という縁ということです。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック