2・11 愛知県民のつどい

画像

今日は、「建国記念の日」でした。
初代天皇である神武天皇が即位した日を明治時代に「紀元節」と
呼びました。その日が2月11日でした。
初代天皇と書きましたが本当は違います。天皇という呼び方はも
っと後の時代です。神武天皇が即位してから2675年経っていま
す。もちろん、神話によるとということです。
今日の集会は、「第49回《建国記念の日》不承認 愛知県民のつ
どい」でした。
開場とともに続々入場しました。主催者の用意したプログラムが足
らなくなったそうです。座席は満席で、階段に座る人、立ち見もあり
イーブルなごやのホールに多くの人が集まりました。
講師の内田 樹さんの人気と危機的状況が人を集めたのでしょう。
講演は、『グローバル資本主義の終焉と、来たるべき世界』のテー
マでした。
建国記念の日の講演ということで、内田さんは「どの国にも建国神
話があるが、その建国の物語が破綻し始めている」というところか
ら話を始めた。
興味深かったのは、フランスが第二次世界大戦では敗戦国だった
ことを隠して、戦勝国という建国ストーリーを作ったということでした。
内田さんは、「国論を統一することは国家の衰退の徴」と言い、最
近の日本の風潮に危惧を感じていることを語った。
また、経済の成長戦略を唱える人は、近年の成長率の高い国が
南スーダン、シエラネバダ、リビアなどの国と知っているのかと問う。
いずれも内戦、または戦争中の国だという。
ヘイトスピーチについての質問に対して、レイシストの特徴として、
複雑な世の中の動きで何が起こっているかわからない(つまりは頭
が悪い)ので、シンプルなわかりやすい解答を求める(例えば、陰謀
論や◇◇が悪い、と決めつけることで安心する)ので処罰や論争の
対象ではなく教育の対象です、と言っていたのに納得した。
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック