昭和歌謡「青い山脈」

画像

『昭和歌謡100名曲』の著者・塩澤実信さんによると「青い山脈」は、
日本人の好む歌ベスト100曲のトップにリストアップされているという。
元々は石坂洋次郎の新聞小説の映画化に際して、主題歌として藤山
一郎と奈良光枝が歌っている。作詞・西條八十で作曲・服部良一です。
作曲者の服部良一の縁で大阪の地下鉄・谷町九丁目駅の近くにある
東平コミュニティプラザの横にある公園内に歌碑があります。
『青い山脈』は、戦後の民主的な社会を具現化した物語です。有名な
「変しい変しい変人」というラブレター事件など封建的な大人に対して
戦う若者を描いている。
但し、私が生まれた頃の小説・映画なので、私が観た映画は、1963
年制作の吉永小百合主演の映画です。
画像

自由奔放な女子高校生・寺沢新子(吉永小百合)は、級友たちの反
感の渦の中でも少しも悪びれたところはなかった。英語教師・島崎雪
子(芦川いづみ)のもとに届いたラブレターの差出人を徹底的に究明
しょうとする新子は、反対にキス事件をデッチ上げられる。キス事件の
相手として騒がれている六助(浜田光夫)は、新子に同情し力を合わ
せることを約束する
」(『吉永小百合・美しい暦』より引用)
「青い山脈」の歌碑は、青森県弘前市にもある。原作者の石坂洋次郎
の生誕100年を記念して岩木山総合公園に2000年に建立された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック