醜悪な偽愛国者たち

福田淳一・財務次官の「セクハラ問題」に関して、二次、三次の問題が
起こっています。本人が「セクハラではない」と否認していることがみっ
ともないことなのですが被害者である女性記者に対する「恫喝」、「非難」
がメディアで取り上げられているという問題です。
この問題においては、左も右もないはずです。(パヨクもネトウヨもと言っ
たほうがわかりやすいかもしれません)
しかし、「リテラ」によると安部支持者の各氏が酷いものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
田母神俊雄氏は「これで職を辞することになれば日本はますます言論の
不自由な国になる」と述べ、池田信夫氏は「週刊新潮の記事を読むかぎ
りでは、福田氏は若い女性記者の不勉強な質問を猥談ではぐらかしてい
るだけ」と投稿するなど、福田次官擁護の発信をしています。
三浦瑠麗氏も「性暴力は親告罪。セクハラでも被害者が情報を提供しな
いと、それ以外に認定することができない」という無知を晒す始末だし、
財務省による調査協力という名の"恫喝"行為を「みんなで名乗り出ない
と Metooにはならない」「ここではみんなで〈言えないよね〉というのではな
く、いるならみんなで名のり出よう、というべき」などと言い出した。
図抜けて醜悪なのが、百田尚樹氏だ。百田氏は、元朝日新聞の女性記
者が『バイキング』(フジテレビ)に出演し、取材相手に胸を鷲掴みにされ
るという被害に遭い、男性の先輩に相談したところ「これくらい我慢しろ」と
言われてしまったという出来事を告白したシーンの動画を貼り付けた投稿
をリツイートするかたちで、こう述べたのだ。
〈なるほど! これから朝日新聞の女性記者に取材されたら、オッパイを鷲
掴みしよう。文句言われたら、「それくらい我慢するのが社の方針というの
を知らないのか!」と言ってやる。〉
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
一方で、安倍政権広報誌と言われる産経新聞が社説で「財務省は醜聞の
擁護者か」と批判しています。そして、財務省が女性記者に名乗り出よと
言っていることが「聞きようによっては、恫喝である。セクハラ問題対応の
大原則は被害女性の保護だ。それが女性記者であっても、何ら変わるこ
とはない」と至極まともなことを主張しています。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック