映画「ナチス第三の男」

画像

------------------------------------------------------------------
その冷酷さから“金髪の野獣”と呼ばれたラインハルト・ハイドリヒ。
海軍兵士だった彼はナチスドイツに入党し、多くのユダヤ人を虐殺し
た首謀者として絶大な権力を手に入れる。一方、チェコスロバキア亡
命政府の命令で2人の青年がチェコ国内に潜入し、ハイドリヒの暗殺
計画を実行しようとしていた。
------------------------------------------------------------------
人が殺される場面が次々と流されるので見ていて気分のいいものでは
ありません。私は、基本的に映画は娯楽と思っているので見終わって
苦しいものはなるべく見ないようにしています。
ハッピーエンドが最良の映画です。
ヒトラー、ヒムラーに次ぐ「第三の男」と呼ばれたラインハルト・ハイドリヒ
のことを初めて知りました。ジェノサイドの発案者だったということでした。
親衛隊No2としてヒムラーをもしのぐ虐殺者です。1942年6月にレジス
タンスに暗殺されます。38歳でした。
映画の前半は、ハイドリヒがナチスの中でのし上がっていく姿を描き、後
半は暗殺計画をすすめるレジスタンスの動きを追いかけます。
しかし、暗殺後の報復がすざましいばかりです。
ハイドリヒの非情さを描きながら、家族と過ごすシーンも描きます。また、
レジスタンスの人たちの勇気と裏切りも描かれており人間の多面性を描
いているようにも思えました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック