捕虜収容所跡を残す会

有松に在った「捕虜収容所第2分所」の遺跡を残す会を立ち上げた
のが昨年の10月でした。今日の世話人会で4月21日に結成の集
いを兼ねた学習会をすることを決定しました。
6月9日には、天野鎮雄さん、山田 昌さんも出演する朗読劇をやる
ことも決まりました。
《捕虜収容所跡を残す会》が目指すことは次の3つです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 収容所のポンプ小屋跡と思われる遺構を、何らかの形で残し、
   説明プレートを  設置する。
② 小説「捕虜の居た駅」を書いた作家・城山三郎氏の事蹟を記し
   た文学碑(ある  いは説明プレート)を設置する。
③ 上記①・②の所在地を示す案内プレートを有松駅近辺に設置する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
画像

私は、城山三郎さんの別荘探しをしていました。
昭和23年発行の『豊明村誌稿』に掲載されていた地図に敷田が住
宅地になっていることを見つけました。恐らく、この場所が城山さん
のお父さんが別荘として購入した所です。
現在は、中京競馬場のメインスタンドのツインハット辺りと推定しま
した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック