トーチトワリング

非常に残念な出来事です。中日新聞の記事によると教育委員会がファイアーダンスを禁止したということです。
----------------------------------------------------------------------
名古屋市の市立中学のほとんどが野外活動で取り入れている、火を付けた棒を使う演舞「トーチトワリング」(トーチ)について、本年度は実施しないよう、同市教委が13日付で、全小中高校に通知したことが分かった。先月、学校で演舞の練習をしていた中学二年男子生徒がやけどを負ったことを受けたもの。市教委は「安全確保が第一」としている。(中略)
昨年度は市内110の中学校のうち109校で実施され、小学校でも261校中32校で行われた。(中略)トーチは連帯感をはぐくむことなどを目的に、少なくとも約20年前から取り組んでいる。安全対策などについて市教委が定めたマニュアルがあり、教員の初任者研修でも指導法を学ぶという。
学校事故に詳しい名古屋大の内田良准教授によると、トーチは愛知県内の小中学校で広く行われているが、「火を付けた棒を振り回す行為を学校教育で行うのは危険」と指摘。他の自治体にも注意を促している。
------------------------------------------------------------------------
教育委員会の決定は、当然のようで責任逃れのようでもあります。事故のあった中学校の対応の酷さ(やけどを負った生徒に「罰が当たった」と言った教師がいたとか、学校が教育委員会に事故を報告していなかった)は問題外ですが、正当に指導しておれば防げる事故だったと思います。
新聞記事の中にトーチトワリングは「少なくとも約20年前から取り組んでいる」とあります。もしかしたら、私は先駆者だったかもしれません。40年以上前からファイアーダンス(トーチトワリングのこと)を指導してきました。内田良氏は「火を付けた棒を振り回す行為を学校教育で行うのは危険」と言っていますがそんなことを言っていたらキャンプファイアーも登山も水泳も禁止ということになりかねません。内田氏は、実際の演技を見てコメントしているのでしょうか。
001.JPG

私が指導したファイアーダンスは、嵐の楽曲「ハピネス」(黄緑)に合わせてやるものでした。曲選びも構成も生徒が決定しました。私たちが教えたのは何種類かの技(赤字)だけです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
① 前奏大まわし3回 ⇒ 前回し5回 ⇒ ずらし3回)、② 向かい風の中で・・・大車輪 5回 ⇒ トーチを上でそろえること)、③ うまく行く・・・8の字 8回《出だしをまちがわないこと》8回目で身体を左に向ける)、④ 夢中で・・・トライアングル 3回  左側に向いてそろえる 失敗したら「8の字」)、⑤ 思い出の・・・フリー ⇒ 出だしを注意  ミッキー 3回)、⑥ 走り出せ・・・めがね 6回  7回目でずらしor8の字として左へ向く)、⑦ 君だけの・・・(新型・ドラツイ 3回)、⑧ どんなに・・・ずらし)、⑨ Yeah・・・大車輪 7回 ⇒ 最後は上で止める)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
トーチトワリングは、手順を踏んで指導すれば危険なものではありません。私は退職前に30年以上指導してきましたがやけど事故は一度もありませんでした。私の子どもたちも30年ほど前に学童保育所のキャンプでやりましたが小学生でも安全に実施していました。
今回の事故でトーチトワリングが愛知特有のものと知ってビックリしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

2019年10月25日 12:49
はじめまして。専門は数学ですが、組体操など学校事故に関心があり、8月の愛知トーチ事故を知り、色々調べているうちに貴ブログに到達しました。つぎは、資料をまとめたものです。
http://yutaka-nishiyama.sakura.ne.jp/torch/torch_nenpyo.pdf
トーチ導入の経緯がどうしても確認できず、当時のお話を伺えば幸いです。
ブログの中で近藤郁夫さんと同年という記事を拝見しました。私は1948年生まれ、近藤さんは一浪して京大教育学部に入られたので、私と同学年でした。大学紛争の時代に行動を共にしたことがあり、懐かしく思いました。すでに他界されているとのこと残念です、合掌。
トーチ事故はしっかり歴史検証する必要があると思いますので、ご協力のほどよろしくお願いします。
2019年12月01日 03:44
こんにちは 学校のリスクについて私的研究しているものです。日本のトーチトワリングの源泉を探っております。実は西山様にこちらのブログを教えたのは私です。半年くらいこのトーチトワリングを折に触れ研究しておりました。愛知県において学童トワリングが広く行われているのは、凄く興味深いですし、その原因を突き止めなくてはいけません。私が見た範囲ですが、その源泉を深く証拠と共に提示した研究者はいないように思われ、余計にその源泉を突き止めたい欲求にかられております。  日本の学童のトーチトワリングはアメリカのそれと比べますと大変ユニークな特徴を持っております。曲芸の一種である入門的な火を使用したこのトーチトワリングを学校管理下で愛知県において広く実施しており、観客の存在を予定している派手なアメリカのそれと比較した際に自己鍛錬や儀式的な幽玄的な神秘性が見られるからです。トーチトワリングにおいての昭和42年制作動画を見ると、それは明確となります。一人の演者のトーチトワリングを固唾を飲んで見守っている、そこには何か教えをこう者たちがその深淵さを共有して会得するんだという宗教性も併せ持っているように思われます。ある種の不可解さをこの示しているのは、火傷事件が起こってからも学校管理下でケミカルライトではなく本物の火を使用したトーチトワリングを実施している事もです。この火を使用するんだという強い執着は非常に興味深いです。  
愛知の学校行事における資料何点か集まりましたのと、あともしかしたらこうすれば源泉が解明できるのかなという方策を思いつきました。その辺りの事を含めお話できれば幸いに思います。宜しくお願いします。
 
僕はお蕎麦好きです。最近食べたので美味しかったのは宮崎の椎葉蕎麦です。太い武骨な男性的な蕎麦で噛みごたえがありました。  


ツイッターアカウント 後藤敦 @gotoatushi7
メールアドレス  kokusalhouhou44@gmail.com

ご連絡心よりお待ち申し上げております。