歪む社会

「愛知トリエンナーレ2019」の企画展について各方面から意見が出されているが、河村市長を始めとする《歴史修正主義》の人たちの発信は定型文といってもいい状態です。それに対して、企画展を支持する人たちからは多様な観点から行われています。 私の友人でもある渡辺雅之さんが次のように発言しています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more