あおるメディアの危険性

今日のCBCテレビ「サンデーモーニング」(TBS系列)でコメンテーターの青木 理さんが次のように発言しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ちょっと気になっているのは、韓国では比較的、文政権のやり方おかしいんじゃないかっていう声が出てきて、これまで反日一色だったのが、韓国の世論が多様化している感じがするんですよ。ところが日本はどうかというと、ほぼ韓国批判一色、どころか、言いにくいんだけどこの局なんかも含めて非常にテレビで乱暴な韓国なら何を言ってもいいんだみたいな状況の人たちがたくさん出てきて、またみんなであおっているという状況になっている。本来、政治とメディアがあおっちゃいけないのに、あおってちょっといい気になっているっていう風潮がむしろ日本が強まっているっていうあたりが僕はここのところすごく気になっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「サンデーモーニング」は、ネトウヨたちから反日番組と非難されているそうですが、私は好きな番組です。他局では出演しないコメンテーターが多く出ています。青木さんは、テレビ局の姿勢を批判しているのでもしかしたら今後の出演を拒否されるかもしれません。しっかりとTBSの出方を注視したいと思います。TBSは、毎日新聞だと思うのですが、テレビ朝日系列の「羽鳥モーニングショー」で玉川氏が日韓関係の悪化の影響から韓国政府が日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決めたことに関連し、「こうなってくると、日本の方がもしかすると感情的にエスカレートしている風に僕には見える」とコメントして、メディアの危険性を次のように指摘したそうです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
そうなったときに今度はメディアがあおる可能性がある。つまり世論の大勢にメディアが付こうとする場合がある。特にテレビなんかはそうだから。テレビは視聴率だから、韓国をけしからんと言った方が視聴率が取れるんだったらそっち側に流れる。低きに流れる可能性がある。それが国民の感情をあおっている。それをやっちゃダメだっていうことは戦前、我々は学んでいるはずなんです。不当に国民の感情を刺激してはいけないと。冷静になることを呼びかけるのが本来のメディアの役割だと僕は思っているので、そういう風にある種、志の低い方に流れる。本当にそう考えてやっているんだったらいいんですけど、そうじゃないけど、そっちの方が視聴率取れるからっていう形で流れていくメディアがあるんだったら僕は残念です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
玉川さんは局アナなのでそれなりの役割を果たしているのだと思いますが、メディア(テレビ局)の中の少数派のようなコメントを続けています。
そういう意味では貴重な存在です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント