若者に頑張ってほしい

「教育とは何か」を考えさせるニュースです。
------------------------------------------------------------------------------
米ニューヨーク市は12日、地球温暖化対策を訴えるために同市を訪問中のスウェーデンの少女グレタ・トゥンベリさん(16)が20日に市内で予定する集会「学校ストライキ」に、生徒らが公立学校を欠席し参加することを許可すると発表した。「自分に関係する問題に、安全かつ礼儀をわきまえた方法で声を上げる生徒らを称賛する」とした。
トゥンベリさんは、21日に国連本部で開かれる「若者気候サミット」や、23日の「気候行動サミット」に先立ち、20日に世界各地で学校ストを実施するよう呼び掛けている。
------------------------------------------------------------------------------
それに引き換えて日本ではどうでしょう? 先日来、話題になったニュースです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自民党・柴山昌彦文部科学大臣(53)が9月8日、高校生の「昼食の時間に政治の話をする」などのツイートに「こうした行為は適切でしょうか?」と返信。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
内閣改造で文部科学大臣は替わったのですが柴山文部科学大臣(当時)は政治に関心を持つ高校生の「行為は適切でしょうか?」とツイートして批判されたのです。日本では「学校ストライキ」に参加しようものならどんな非難を受けるかわからないでしょう。
韓国では、2015年12月、岸田外相と尹外相の会談で「慰安婦」問題解決の《日韓合意》が確認された翌日にソウルの大学生たちが日本大使館前の《平和の少女像》を守る24時間座り込み行動を開始しました。私が3月にソウルに行った時も泊まり込みのテントがありました。
アメリカ、韓国、香港だけでなく外国では若い人が政治的なことや環境問題、教育について当事者として発言し行動しています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント