映画「イエスタデイ」

001.JPG
私はドキュメンタリー映画は別にして《映画は楽しむもの》と思っています。だから、悲劇や暗い映画は避ける傾向があります。この映画「イエスタデイ」は見終わった後に心が暖かくなる映画でした。ビートルズが存在しない世界になっていたらという設定が面白い。よくそんなことを思いついたものだと感心しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
イギリスの小さな町・サフォークで売れないシンガーソングライターのジャック(ヒメーシュ・パテル)は、幼友達のエリー(リリー・ジェームズ)に支えられて小さな会場でライブをしたり、レストランで歌っていた。ある日、世界中が一瞬停電した時にジャックは交通事故に遭い大怪我をする。蘇生したジャックを待っていたのはビートルズが存在しなかった世界だった。ジャックがビートルズの楽曲を歌うとみんなが感動し、天才ともてはやされる。実在のエド・シーランが本人として出演していてジャックの楽曲(本当はビートルズの楽曲)を褒める。自分の前座として演奏させたり、メジャーデビューの後押しをする。
002.JPG
しかし、アメリカでデビューするためにはエリーと離ればなれになる。エリーは地元で生きることを決めてジャックに別れを告げる。人気と地位・金を手にしたジャックだがビートルズの楽曲であることに後ろめたさを感じている。そこへ真実を知るある二人が訪ねてくる。その二人はジャックにイギリスに住むある人を訪ねるよう助言する。登場する年老いた漁師(ビートルズを知っている人ならニンマリする)が「幸せとは愛する人がいるということだ」と言う。ジャックは、故郷のサフォークのライブであることを決意する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
映画の中では、ビートルズだけでなく、コカコーラとハリーポッターもないことになっています。最近の若い人はビートルズを知らない人もいるようです。そんな人にビートルズの魅力を伝える映画にもなっています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント