「日本スゴイ!」信者

先日の「即位礼正殿の儀」における安倍首相の挨拶を前回の海部首相のものと比べてみました。基本的には同じなのですが「世界に開かれ」「世界の平和、人類福祉の増進とを目指して」と言う海部首相と、「誇りある日本の輝かしい未来」という安倍首相の間には微妙な違いがあります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【海部首相の…
コメント:0

続きを読むread more

ドキュメンタリー「ある徴用工の手記より」

大阪の姉にテレビのドキュメンタリーをDVDに録画してもらおうと思っていたのですが出来ないというので見に行ってきました。私も試しにやってみたのですが「ディスクを認識しません」ということで諦めました。関西地方のテレビ局制作で徴用工だった人の手記を基にした優れたドキュメンタリーでした。 その中で最近の徴用工問題について1965年の日韓条…
コメント:0

続きを読むread more

休日に思ったこと

今日は、新天皇が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」がありました。テレビは、NHKを筆頭に民放各社はなんだかんだと関連番組ばかりです。尊皇派の私でも辟易とするばかりです。そんなわけでテレビは一切見ていません。私が注目していたのは「天皇陛下のお言葉」です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さきに、日本国憲…
コメント:0

続きを読むread more

映画「イエスタデイ」

私はドキュメンタリー映画は別にして《映画は楽しむもの》と思っています。だから、悲劇や暗い映画は避ける傾向があります。この映画「イエスタデイ」は見終わった後に心が暖かくなる映画でした。ビートルズが存在しない世界になっていたらという設定が面白い。よくそんなことを思いついたものだと感心しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー…
コメント:0

続きを読むread more

特攻隊員の遺言

私が好きなノンフィクション作家の保阪正康さんの著書のエッセンスをまとめた『昭和史の急所』(朝日新書)の中に次のような文章がある。 --------------------------------------------------------------------------- 上原良治は、昭和18年11月に学徒出陣で慶応大学経済…
コメント:0

続きを読むread more

私の本棚(10月18日)

①「北の会津士魂」好川之範(歴史春秋社) ②「歴史春秋/第88号」会津史学会(歴史春秋社) ③「会津人群像 /第38号」(歴史春秋社) ④「尾崎豊の歌詞論」見崎 鉄(アルファベータブックス) ⑤「ラストレター」岩井俊二(文春文庫) ⑥「新吉原裏同心抄/まよい道」佐伯泰英(光文社文庫)
コメント:0

続きを読むread more

大河ドラマ「いだてん」

NHKの大河ドラマをいつも見ているわけではないのですが、今回の「いだてん」の低視聴率は意外な展開です。大河ドラマと言えば戦国・幕末が定番です。「いだてん」は、東京オリンピック物語ということで来年の東京オリンピックを盛り上げる意図があったと思います。脚本が宮藤官九郎ということで期待もあったのですが、13日の視聴率は1%を切ったそうです。同…
コメント:0

続きを読むread more