昭和歌謡「襟裳岬」

今回のツアーの前に歌碑撮影に行こうと思ったのは襟裳岬にある2つの歌碑が大きな理由でした。 1973年、母を亡くした森進一がそのショックから立ち直る楽曲だったと言われています。三番に出てくる《日々の暮らしはいやでもやってくるけど、静かに笑ってしまおう・・・》の歌詞が鬱屈気味だった森進一を勇気づけたのです。ところが、それまでの森進一の…
コメント:0

続きを読むread more