「サクラを見る会」を削除?

昨日の続報です。「桜を見る会」が大変なことになっています。総理大臣の贈収賄とも受けとられかねない実態に驚愕した官邸側がブログやツイッターを削除させているのではないかという声もあがっています。
藤井律子・周南市長が次のようなブログ記事を削除しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私は、その花道の傍の人垣の中にいました。総理が目の前に来られた時、思い切って大きな声で、 「安倍総理!」と、声をかけました。 嬉しいことに、総理はすぐに気づかれて「あ、りつ子さん!昨日はどうも!」と、声をかけていただきました。私も、「昨夜は遅くまでありがとうございました!」と申し上げました。
その花道の両側に集まられる人の多さに、総理の人気の高さを改めて感じました。また、国会議員さんは、それぞれにご自分の後援会の皆さんを案内されておりますので、山口県からも多くの方が出席されていました。たくさんの方との出会いの中で、片山さつき先生とも久しぶりの再会を果たしました。「今日は、山口県からたくさんの人が来てくださっているわね~。10メートル歩いたら、山口県の人に出会うわよ!」と、いつものように元気よくお声をかけていただきました。平成12年には夫と参加させていただきました。私は、この桜を見る会へご案内をいただいたのは今回で3回目です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
藤井律子氏は周南市長なのですから参加資格に問題はありません。なのにどうして記事を削除したのでしょうか。
ケイ潤子(シャンソン歌手)さんは「桜を見る会前夜祭」の様子(1000人参加)をブログに書き、「また本日は新宿御苑にて開催の《桜を見る会》にもご招待いただき重ねてお礼申し上げます」と書いています。ケイ潤子さんは、どのような功績・功労のある方なのでしょうか。
内閣府がジェーシー・コムサと随意契約した「桜を見る会」における飲食物の提供業務の契約金額は、平成25年 9,722,000円、
平成26年 13,498,000円、平成27年 13,498,000円、平成28年 19,222,208円、平成29年 19,200,000円、平成30年 21,355,312円だそうです。
来年の予算請求が5000万ということは、「前夜祭」の費用も含まれているということでしょうか?
安倍後援会から800人ほどが参加とも言われていますから宿泊費・交通費も招待する方が持っているとしたら税金が使われているということになります。
ニュースによると「桜を見る会」の資料はすでに廃棄されて、誰がどのような理由で招待されたのかは分からないということです。まずい資料は隠蔽・廃棄・焼却するというのは戦争指導者や官僚の得意とするところです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント