MILLEAのミニライブ

今日は、昨日よりも最高気温が9度も高い秋日和でした。散歩にでも出かけようかと考えていて、明日行われるMILLEAのミニライブの時間を確かめたところ明日ではなく今日ということがわかりました。あわてて昼食をとり木曽三川公園に出かけました。1時間はかからない目算で出発したのですが伊勢湾岸道が大渋滞。G20の悪影響です。会場に着いたのは開始直前…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所2

1.『捕虜の居た駅』の朗読会  城山三郎の短編小説『捕虜の居た駅』の朗読会が名鉄有松駅前の東丘コミュニティセンターで開催されたのは2011年5月28日のことである。朗読は、名古屋で《あまちん》と親しまれている俳優・天野鎮雄氏が担当し、暖かくて深い語りに多くの参加者が感銘を受けた。同時に当時のこと知っている成田治氏(有松あないびとの会代…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所

日本福祉大学知多半島総合研究所の『知多半島の歴史と現在 No23』に捕虜収容所跡を残す会の活動を投稿しました。 これから数回に分けてその原稿をアップします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 戦時中、ぼくの一家は有松駅で下車して三十分ほどの農村に疎開していた。中学生だったぼくは、毎日そこから勤労動員先で…
コメント:0

続きを読むread more

『15歳、まだ道の途中』高原史朗(岩波ジュニア新書)

学級通信「道の途中」には、生徒の意見・感想が掲載される。学級始めの時期に級友との紙上交流は納得できる方法です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー それにしても、クラスのみんなの「心配なこと」が書かれた学級通信は壮観だった。僕たちは普段、「心配なこと」なんて話さない。たまーに誰かが言い出しても、上段のようにカ…
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の罪人記録

朝日新聞夕刊の「素粒子」が書いています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 通算2886日。安倍首相の在任が歴代最長に並んだ。 憲法を、民主主義を、歴史をこれほど侮る政権はない。違憲の疑いが濃い安保法成立を強行◇憲法にもとづく国会召集要求を拒否◇「辺野古NO」の沖縄の民意を無視◇公文書の改ざん、廃棄…
コメント:0

続きを読むread more

ZARDの魅力

『永遠~君と僕との間に』(幻冬舎)は、ZARDプロジェクトによる坂井泉水を語る本です。坂井泉水が亡くなったのが2007年5月27日でした。当時、私は退職年度で最後のクラスを担当していました。この学校では私のZARD好きは生徒の間では知られていて、体育大会の時の音楽に係の生徒がZARDの楽曲を使ってくれたりしていました。6月末に東京・…
コメント:0

続きを読むread more

憲法を考えるつどい

緑区の学区ごとにある九条の会が年に1回合同で実施するのが「憲法を考えるつどい」です。今日で7回目になります。今年は、チケットの売り上げが例年に較べると少なくて心配していたのですが多くの人が集まりました。 三宅裕一郎・日本福祉大学教授の講演「憲法九条の今とこれから」は、最初に《改憲に対する安倍自民党の本気と焦り》を具体的に指摘して、…
コメント:0

続きを読むread more