岐生研初冬学習会

岐生研の研究会は、新潟から木村さんを講師に迎えて朝日大学で行われました。実践記録は、若い中学校教師の岐阜県のスタンダード教育に抗した豊かな実践報告でした。厳しい縛りのある岐阜県で創意と工夫によって素晴らしい実践が出来る証明のような実践でした。研究会の後は、岐阜駅前の居酒屋での懇親会でした。
コメント:0

続きを読むread more

目標達成まであと15冊

今月は、10冊の本を読みました。それでも今年の85冊目です。昨年は11月末で134冊、一昨年は116冊ですから今年は大幅に減少しています。一応、中学校勤務の頃から1年100冊を目標としてきたので、あと1か月で15冊に挑戦したいと思っています。今年は、研究書やページ数の多い本が多かったのと捕虜収容所関係などの調査活動に時間を取られたのが大…
コメント:0

続きを読むread more

演劇「流れ星」

タクフェス第7弾「流れ星」を《あいちウィンク》で見ました。 ------------------------------------------------------------------------------ 東京の片隅にある古びた下宿屋「徳秀館」。星野謙作(宅間孝行)と夏子(田中美佐江)の熟年夫婦が営んでいるが、2人の…
コメント:0

続きを読むread more

退陣しかない「桜を見る会」疑獄

「桜を見る会」疑獄が大詰めを迎えているようです。名簿をシュレッターで廃棄したり、参加者のブログを削除したり官邸・内閣府は必死で隠蔽しようとしていますが、そこは最長期政権記録の安倍内閣ですから何年も前のことまでは隠せません。 yahooニュースは、【菅義偉官房長官は26日の記者会見で、首相主催の《桜を見る会》に反社会的勢力が出席し…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所5

 (2)朗読劇「捕虜のいた町」再演  広報活動の一環として3年前に上演した朗読劇を再演しようということになった。天野鎮雄氏の賛同を得て再演の目処が立ったところで演出家でもある馬場氏が3年前の出演者に声をかけたところ大学生や社会人になって他県に在住する人からも熱意ある返答が来た。会場は、学習会と同じ棚橋家住宅を使わせてもらえた。チケット…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所4

4.地域への広報活動  捕虜収容所跡を残す会は、「①収容所のポンプ小屋跡と思われる遺構を、何らかの形で残し、説明プレートを設置する。②小説「捕虜の居た駅」を書いた作家・城山三郎氏の事蹟を記した文学碑(あるいは説明プレート)を設置する」の実現を目指してその活動を広く理解してもらうためにイベントを企画していった。  同時に、私は城山三郎…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所3

3.戦時中の捕虜収容所の概要  (1)全国に捕虜収容所設置 太平洋戦争中、俘虜(捕虜)収容所が日本全国に設営され、1945年8月15日当時32418人が収容されていた。 ------------------------------------------------------- 日本に抑留されてい…
コメント:0

続きを読むread more

MILLEAのミニライブ

今日は、昨日よりも最高気温が9度も高い秋日和でした。散歩にでも出かけようかと考えていて、明日行われるMILLEAのミニライブの時間を確かめたところ明日ではなく今日ということがわかりました。あわてて昼食をとり木曽三川公園に出かけました。1時間はかからない目算で出発したのですが伊勢湾岸道が大渋滞。G20の悪影響です。会場に着いたのは開始直前…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所2

1.『捕虜の居た駅』の朗読会  城山三郎の短編小説『捕虜の居た駅』の朗読会が名鉄有松駅前の東丘コミュニティセンターで開催されたのは2011年5月28日のことである。朗読は、名古屋で《あまちん》と親しまれている俳優・天野鎮雄氏が担当し、暖かくて深い語りに多くの参加者が感銘を受けた。同時に当時のこと知っている成田治氏(有松あないびとの会代…
コメント:0

続きを読むread more

城山三郎と捕虜収容所

日本福祉大学知多半島総合研究所の『知多半島の歴史と現在 No23』に捕虜収容所跡を残す会の活動を投稿しました。 これから数回に分けてその原稿をアップします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 戦時中、ぼくの一家は有松駅で下車して三十分ほどの農村に疎開していた。中学生だったぼくは、毎日そこから勤労動員先で…
コメント:0

続きを読むread more

『15歳、まだ道の途中』高原史朗(岩波ジュニア新書)

学級通信「道の途中」には、生徒の意見・感想が掲載される。学級始めの時期に級友との紙上交流は納得できる方法です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー それにしても、クラスのみんなの「心配なこと」が書かれた学級通信は壮観だった。僕たちは普段、「心配なこと」なんて話さない。たまーに誰かが言い出しても、上段のようにカ…
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相の罪人記録

朝日新聞夕刊の「素粒子」が書いています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 通算2886日。安倍首相の在任が歴代最長に並んだ。 憲法を、民主主義を、歴史をこれほど侮る政権はない。違憲の疑いが濃い安保法成立を強行◇憲法にもとづく国会召集要求を拒否◇「辺野古NO」の沖縄の民意を無視◇公文書の改ざん、廃棄…
コメント:0

続きを読むread more

ZARDの魅力

『永遠~君と僕との間に』(幻冬舎)は、ZARDプロジェクトによる坂井泉水を語る本です。坂井泉水が亡くなったのが2007年5月27日でした。当時、私は退職年度で最後のクラスを担当していました。この学校では私のZARD好きは生徒の間では知られていて、体育大会の時の音楽に係の生徒がZARDの楽曲を使ってくれたりしていました。6月末に東京・…
コメント:0

続きを読むread more

憲法を考えるつどい

緑区の学区ごとにある九条の会が年に1回合同で実施するのが「憲法を考えるつどい」です。今日で7回目になります。今年は、チケットの売り上げが例年に較べると少なくて心配していたのですが多くの人が集まりました。 三宅裕一郎・日本福祉大学教授の講演「憲法九条の今とこれから」は、最初に《改憲に対する安倍自民党の本気と焦り》を具体的に指摘して、…
コメント:0

続きを読むread more

政治家の発信に疑問

政治家がツイッターで呟くことはどうなのでしょうか。トランプ大統領もSNSで発信して物議を醸しています。 自民党の小野田紀美議員が次のような発信をしています。 ----------------------------------------------------------------------------- 「日本への留学ビザ…
コメント:0

続きを読むread more

古い資料

最近、古い書類を整理しています。中学校勤務時代のプリント、学級通信、大学勤務時代の資料などです。今日は、教育研究サークルのファイルを処分していました。2001年の「愛生研基調提案」の中に私の書いたものがありました。「思春期の子どもとどうつき合っていくのか」という提起です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 中…
コメント:0

続きを読むread more

サクラを見る会・続報

11日に次のように書きました。 内閣府がジェーシー・コムサと随意契約した「桜を見る会」における飲食物の提供業務の契約金額は、 平成25年 9,722,000円、 平成26年 13,498,000円、 平成27年 13,498,000円、 平成28年 19,222,208円、 平成29年 19,200,000円、 平成30年…
コメント:0

続きを読むread more

私の本棚(11月13日)

①「歴史人12月号/坂本龍馬の真実」(KKベストセラーズ) ②「歴史探訪12月号/坂本龍馬と遺刀5振」(ホビージャパン) ③「古地図で紐解く!城下町の秘密」(三栄) ④「永遠 君と僕との間に」ZARD(幻冬舎) ⑤「西美濃わが街No401/特集・高須四兄弟」(月刊西美濃わが街) ⑥「西美濃わが街No403/特集・大垣城…
コメント:0

続きを読むread more

大高緑地公園

週に1回は孫を預かって半日過ごすことをやっています。最近は、近くの大高緑地公園に行って弁当を食べて帰ってくる車中で眠るので昼寝をして目覚める頃に娘が迎えに来るという日程です。大高緑地公園はゆるやかな傾斜の広場があり、孫は走り回っています。遊具はまだちょっと早い感じなのですがやれる範囲で楽しんでいるようです。 孫の動く範囲はしれてい…
コメント:0

続きを読むread more

「サクラを見る会」を削除?

昨日の続報です。「桜を見る会」が大変なことになっています。総理大臣の贈収賄とも受けとられかねない実態に驚愕した官邸側がブログやツイッターを削除させているのではないかという声もあがっています。 藤井律子・周南市長が次のようなブログ記事を削除しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は、その花道の傍の人垣…
コメント:0

続きを読むread more

「サクラを見る会」あれこれ

安倍首相は自分が発言しているときに野党がヤジを飛ばすと批判していましたが本人は不規則発言(ヤジ)の常習者です。 11月6日予算委員会のやりとりでも大学入試の英語問題の民間業者委託の件で荻生田大臣が野党の質問に対して「文科省の資料は知らない」と答え 今井雅人議員(立憲民主党)が「じゃあ誰が作ったんですか」と聞いたところ、すかさず 安倍…
コメント:0

続きを読むread more

明智光秀生誕地

私の古文書の師匠である田中 豊さんが大垣で講演をするというので出かけました。来年の大河ドラマの主人公・明智光秀について「明智氏一族宮城家相伝系図書」など史料を基に田中さんは光秀の生誕地を大垣市上石津町であると断定しています。明智光秀の生誕地は①岐阜県可児市明智城、②岐阜県恵那市明智町明知城、③岐阜県山県市美山町、④岐阜県大垣市上石津…
コメント:0

続きを読むread more

読書『宝島』真藤順丈

アメリカ海兵隊岩国基地所属の海兵隊機事故の調査報告書に、飛行中に読書をしたり自撮り写真があったり、薬物乱用とぞっとするようなことが指摘されているらしい。最近、読了した第160回直木賞作品の『宝島』真藤順丈(講談社)の中に沖縄返還前の米軍諜報機関の官僚・アーヴィンが海兵隊員について次のように述べる場面がある。 -------------…
コメント:0

続きを読むread more

11月17日 緑区憲法を考えるつどい

講演「憲法九条の今とこれから」の概要 1.改憲に対する安倍自民党の本気と焦り (1)草の根レベルでの改憲啓発の大号令 (2)改憲の新たな口実としての「自衛官募集」問題 (3)なぜ安倍は、9条改憲を諦めないのか?―安保法制が積み残した課題― 2.安倍「自衛隊加憲」論のねらいとは? (1)自衛隊加憲によって、一体なにが可…
コメント:0

続きを読むread more

私の本棚(11月6日)

①「レギュラーになれないきみへ」元永知宏(岩波ジュニア新書) ②「15歳、まだ道の途中」高原史朗(岩波ジュニア新書) ③「逆軍の旗」藤沢周平(文春文庫) ④「1969年混沌と狂騒の時代」鹿砦社編集部(鹿砦社) ⑤「昭和の歌100」小西良太郎(幻戯書房) ⑥「人は語り続けるとき、考えていない」河野哲也(岩波書店) ⑦「…
コメント:0

続きを読むread more

政権を握っているのは総理大臣だけ?

自民党女性局の組織図に対して「こんなんが政権握ってりゃ世の中、良くなる訳ない…。」という批判に対して、三原じゅん子議員がツイッターで呟いたことがネット上で笑いものになっています。 ----------------------------------------------------------------------------…
コメント:0

続きを読むread more

名古屋市博物館~横井庄一

昨日は、「愛知県民のつどい」の前に名古屋市博物館に行きました。常設展に《横井庄一コーナー》があるので、先日の続きで見に行きました。記念館とほぼ同じ展示だったように思いました。 横井さんがグアムで生活していた様子がわかる資料と写真が展示されていました。 その後は、金山でMILLEAの無料ライブがあるとラジオ番組で言っていたので…
コメント:0

続きを読むread more

2019愛知県民のつどい

昨日に続いて「憲法九条を守ろう」という集会に参加しました。講演は「憲法九条と一国平和主義を超えて」のテーマです。講師は姜尚中・東大名誉教授でした。姜尚中さんは、近代日本の出発から話を始めました。征韓論から日清・日露戦争となり、夏目漱石は『三四郎』の中で「日本は滅びるよ」と予言します。日露戦争の勝利によって日本は朝鮮の外交権を奪い、国…
コメント:0

続きを読むread more

学園祭

今日は、日本福祉大学の学園祭に行ってきました。学園祭といっても模擬店を見て、九条の会の講演会を聞いただけです。 講演は、「憲法改正問題を考える」のテーマで講師は小澤隆一・東京慈恵会医科大学教授でした。学生の参加が多く(授業の一環になっているかもしれません)て久々に活況でした。小澤さんの話は、基本的なことを丁寧に語っていたのです…
コメント:0

続きを読むread more

教員の質

研究会仲間の塩崎さんがフェイスブックに次のように書いています。 --------------------------------------------------------------------------- 教員採用試験の競争率が全体的に下がっています。その影響として、教員の質が下がるという声をよく聞きます。確かにそういった…
コメント:0

続きを読むread more