一年の回想(読書・映画etc)

今年は、全国を動き廻ったことと《捕虜収容所跡を残す会》の活動に時間を取られて読書も映画も例年に較べて少なかった感じです。 【読書】やっとこさ100冊を越えることができました。 ①『あしたの君へ』柚月裕子(文春文庫) この本の宣伝文句は《寄り添う事で、人の人生は変えられるのか》です。家庭裁判所調査官補として研修中の望月大地が出会う窃…
コメント:0

続きを読むread more