映画「ラストレター」

岩井俊二監督の映画は大体観ています。この映画の原作も読んでいます。公式ストーリーは次の通りです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
裕里(松たか子)の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美(広瀬すず)から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎(福山雅治)と再会することに。
勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎(回想・神木隆之介)と未咲(回想・広瀬すず)、そして裕里(回想・森七菜)の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
IMG_5245 (2).JPG
松たか子と広瀬すずという好きな女優が出ているだけでも私にとっては見る価値のある映画です。エンドロールで中山美穂が出演していたことを知りました。「えっ!何処に?」と思いましたがすぐに分かりました。中山美穂も以前に岩井俊二映画に主演しています。その関係からの出演でしたがあの役柄でよく出たなという感じです。
物語の舞台は仙台と白石です。冒頭の航空写真で城が見えて弘前?と一瞬は思いました。白石と分かって納得です。亡くなった未咲になりすまして鏡史郎と文通する裕里、その鏡史郎の手紙が鮎美に届いて、鮎美も未咲になりすまして文通に加わる。回想の高校時代と現在が行き来して物語が進んでいきます。亡くなった未咲を大切にしたい裕里と鏡史郎、鮎美の思いが美しい白石の景色とともに伝わってきました。
広瀬すず.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント