「募ってはいたが、募集していない」

安倍首相の答弁に唖然とするばかりです。スポニチが次のように報じています。
---------------------------------------------------------------------------
共産党の宮本徹氏が、首相の地元事務所名で桜を見る会を含む観光ツアーへの参加を募る文書が後援者に送られていた問題を取り上げ「募集していることをいつから知っていたのか」とただした。これに対し首相は「幅広く募っているという認識だった。募集しているという認識ではなかった」と説明。宮本氏はあきれ顔で「“募る”は“募集する”と同じ。募集の“募”は“募る”という字なんですよ」と指摘すると、首相は「ふさわしい方を募っているという認識があった。例えば新聞に広告を出して“どうぞ”ということではないんだろうと思った」と苦しい釈明をした。       
--------------------------------------------------------------------------- 
ネット上では「ウソをついたが虚偽ではない」「答えているが答弁ではない」などと大喜利状態になっています。漢字が読めないことがあった安倍首相ですから《つのる》と《ぼしゅうする》は違うものなのでしょう。
しかし、安倍首相の「ふさわしい方を募っている」という認識からすれば《反社勢力》を「ふさわしい方」と思っていたということになります。安倍首相の地元では「安倍恥」という言葉が広まっていると週刊誌が伝えています。安倍首相のことを《アベッチ》と呼ぶことにしましょう。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント