テレビドラマ2本

最近、珍しくテレビの連続ドラマを見ています。大河や朝ドラは別として連続ドラマはあまり見ないのですが今期は「知らなくていいコト」(水曜日)と「テセウスの船」(日曜日)を録画しています。
吉高由里子.jpg
「知らなくていいコト」は、出版社で働く真壁ケイト(吉高由里子)が不倫や政治スキャンダルを追究する敏腕週刊誌記者として活躍する物語です。そのケイトの父親が殺人犯だったのではないかが伏線となってさまざまな事件があり、追いかける側から取材される側になるケイトの姿が描かれる。同僚のカメラマン・尾高(柄本佑)との関係や編集長(佐々木蔵之介)など編集部の活躍ぶりは《文春砲》を思わせるところもあって面白い。ところが視聴率が最新で9・5%というから驚きです。
「テセウスの船」は徐々に視聴率が上がっていますが5話が11・8%です。
このドラマも警察官の父親(鈴木亮平)が大量殺人の死刑囚となっているのを、息子の田村心(竹内涼真)が冤罪を晴らすという物語のようです。1・2話は、31年前にタイムスリップして大量殺人を防ごうとする田村心の周りに真犯人らしき人物が複数登場して何が何だかわからないという感じでした。現代に戻ると、未来が変わってしまっています。これからどうなっていくのか楽しみです。
田村心の協力者として週刊誌記者・由紀(上野樹里)がいるのですが、由紀はタイムスリップする前は田村心の妻で死んでいるのです。この物語は漫画原作があります。真実にどう迫っていくのかこれも見逃せないドラマです。
IMG_5278 (2).JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント