ノムさん 逝く

野村克也2 (2).jpg
昨日、衝撃的なニュースが広がりました。私が大ファンの野村克也さんが亡くなったというニュースでした。今日はワイドショーを見まくりました。戦後初の三冠王になり南海ホークスの名捕手・兼任監督として活躍し、引退後は評論家、監督としてヤクルト、阪神、楽天で楽しませてくれました。「長嶋や王がひまわりなら、おれは月見草」と言ったことは有名な話です。当時のパリーグは観客もまばらな球場でした。私も高校生や大学生の時に《南海VS近鉄》をよく見に行ったのですが千人居たかどうかという状態でした。
私が野村ファンになったのは恐らく1957年(野村選手がホームラン王になった)あたりだと思います。父親が南海ファンだった影響です。周りはほとんど阪神ファンの地域でした。小学校の近くに住んでいた村山実投手が阪神に入団したときに小学校に挨拶に来たことを覚えています。
野村さんの現役時代は主にラジオで応援していました。杉浦忠投手や皆川睦夫投手とのコンビで活躍したことを思い出します。
野村さんが1980年に引退した時、球団の引退式でそれぞれの選手が一言挨拶をして野村捕手にボールを投げるという場面に感動しました。私も部活動で引退する3年生に後輩から同じ形式で感謝の言葉を言わせました。
評論家になってからの面白さは誰もが知っています。ヤクルトや楽天の監督になったときには驚喜しました。野村さんの本は大体読んでいます。
大学で教えていたときは『野村再生工場』を参考文献に指定したり、レポート課題にしたこともあります。教師必読の本だと思っています。今、『野村克也野球論集』を読んでいて、その中に読書カードがあり、感想を送ると野村さんに読んでもらえるとあったので書いたところでした。
中学校勤務時代には、授業中によく「ID野球」のことを雑談でしゃべっていました。そして、野球部の生徒から顧問になってよと言われてサブ顧問になったことがあります。《中日大会》は何チームでも出場できるので私が二軍を率いて出場しました。投手の生徒と昼休みにピッチング練習をして外角低めのストレートを徹底的に練習しました。野村さんの教えの一つです。その練習の成果がでて、そのチームは3回戦まで進みました。
そんなことを野村さんに伝えたかったです。
野村克也 (2).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント