安倍改憲の危険性

自民党のホームページにとんでもない憲法改悪の説明が掲載されています。ダーウィンの進化論を使って、憲法改定こそが生き残る道だと言うのです。生物学者からは、「ダーウィンはそんなことは言っていない」と反論が出ています。
自民・進化論 (3).jpg

おまけに、結論ともいうべきところが「立憲主義」の理解が不十分で、憲法の役割の最も重要なルール(権力の暴走を防ぐ)のことが分かっていないことが明らかです。

自民・憲法の役割 (4).jpg

「リーダーも国民もみんなが憲法に従う義務があるんだ」とは、《立憲主義》が分かっていないことを告白しているようなものです。「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う(第99条)」のであって、国民の人権を守るための権利が憲法には書いてあるのです。その国民の権利を守る義務が《リーダー》にあるのであって、国民が憲法に従う義務はありません。

自民・憲法の役割 (3).jpg
「政治の仕組みを定めひとりひとりの幸せのカタチを守る」ためには、権力が暴走しないようにする必要があるのです。
自民党は、なんでもかんでも憲法を変えたいだけなのです。もちろん、自分たちに都合のいい憲法にしたいからです。
小沢一郎氏は、次のようにツイッターしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
権力を縛るという憲法の本質を全く理解せず、憲法尊重擁護義務どころか、単に憲法を自分がやりたい放題できるよう勝手に作り変えたいという、愚かで幼稚な人物の最悪のわがままに付き合っている暇はない。自民党議員もいい加減目を覚ました方が良い。このままでは国が滅びる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント