「麒麟が来る」の帰蝶

大河ドラマ「麒麟が来る」は明智光秀を主人公にしたので、光秀をどのように描くのかを興味津々で見ていました。織田信長が両親から愛情を注がれずに育ったために、常に他人から認められたい人物として描かれ、悪人で有名な松永久秀も意外な展開でした。特に帰蝶(濃姫)が今までにない策士として描かれて、さすがは斎藤道三の娘という感じでした。本能寺の変の前に…
コメント:0

続きを読むread more