映画「騙し絵の牙」

長い歴史をもつ出版社・薫風社の社長が急逝します。社内はその後継者争いに揺れ、営業出身の専務・東松(佐藤浩市)が社長に就任します。強引に改革を進める彼は、薫風社の土台ともいうべき文芸誌『小説薫風』の廃刊を決定します。一方で『トリニティ』の編集長・速水(大泉洋)は雑誌を守るため、さまざまな企画を成功させていきます。 『小説薫風』の新人…
コメント:0

続きを読むread more