昭和歌謡「流転」

昭和12年(1937年)に上原敏が歌って大ヒットした楽曲です。
日中戦争が7月7日に始まっています。その年には淡谷のり子の
「別れのブルース」、ディック・ミネの「人生の並木道」がヒットして
います。時勢柄、よくこのような歌が発売されたものだと思います。
画像

牧之原市細江にある照国寺に歌碑はあります。この地は、作詞
者の藤田まさとの出身地です。藤田まさとは、「妻恋道中」などの
ヒットメーカーであり、戦後も「岸壁の母」や「傷だらけの人生」、
そして「浪花節だよ人生」を作詞しています。
画像

藤田まさとの墓には花が供えてありました。

"昭和歌謡「流転」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント