テーマ:坂本龍馬

北の龍馬

2年前に訪れた時に休館日だったので再訪したのが浦臼町郷土史料館 である。ここに坂本龍馬の史料室がある。 函館には坂本龍馬記念館がある。坂本龍馬が北海道を開拓しようとした ことはよく知られている。しかし、龍馬が北海道に来たことはない。 なのに、なぜ北海道に坂本龍馬の記念館や史料室があるのか。 龍馬の甥である坂本直寛は、自由民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都紀行5(坂本龍馬とお龍)

坂本龍馬の妻であるお龍(りょう)は、楢崎将作の長女である。 父・将作は侍医であったが安政の大獄で囚われ、釈放後に死亡 する。その柳馬場三条下ル付近に石碑が建っている。 六角通の高瀬川沿いにお龍の独身時代の寓居跡碑がある。 そして、三条通の東山ユースホステル前には、龍馬とお龍の結婚 式場跡の碑がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸散策(芝・赤坂)

山手線・田町駅の近くに「江戸開城西郷隆盛勝海舟会見之地碑」がある。 田町駅にはそのモザイク壁画もある。 その向かいにあるNEC本社のそばに薩摩藩上屋敷跡の碑がある。 戊辰戦争のきっかけとなった庄内藩による薩摩藩屋敷焼き討ちのあった 場所である。そこから日比谷通りを北に歩くと芝公園があり、その北隣に 東照宮がある。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘年会2(品川散策)

大河ドラマ「龍馬伝」の影響は多大である。 全国各地の坂本龍馬ゆかりの地が街おこしに活用している。 品川・立会川駅周辺も坂本龍馬の旗が林立している。 品川がなぜ坂本龍馬と関係があるのか? 嘉永6年(1853)6月、ペリー艦隊が浦賀にやってきた。 いわゆる黒船来航の時、坂本龍馬19歳(数え年)の時である。 司馬遼太郎の『竜馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

品川

! 今日は歴史の会のフィールドワークと忘年会で品川に来ています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間に合った!

長野市を6時前に出て、長野ICから高速道路で 飛ばしに飛ばして間に合った。何に間に合ったか というと龍馬の最後の場面にである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

龍馬忌

今日は、坂本龍馬の命日だと言われている。 慶応3年11月15日、京都河原町の近江屋にいた坂本龍馬を 京都見廻組の佐々木只三郎や今井信郎らが襲い暗殺した。 坂本龍馬暗殺事件は、未だに暗殺者が確定していないし、実 行犯とは別に黒幕がいるとか諸説入り乱れている。 とは言っても、坂本龍馬が中岡慎太郎とともに殺害されたのは 事実である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長崎の坂本龍馬像

①長崎歴史文化博物館(長崎奉行所・龍馬伝館) ②長崎まちなか龍馬館 ③丸山公園 ④風頭公園 ⑤龍馬通り ⑥若宮稲荷神社 ⑦番外(小曽根邸跡)のおりょう像
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北海道の坂本龍馬

蝦夷地の開拓を目指していた坂本龍馬の遺志を子孫が継いで その墓が浦臼町にあることを知ったのは9月の北海道旅行の時 であった。 残念ながら郷土資料館が閉館日だったので見ることはできなかっ たが坂本龍馬の資料が展示されている。 函館には、北海道坂本龍馬記念館がある。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬の「いろは丸事件」

ただの海の写真だが、海援隊が操縦する「いろは丸(160トン)」が紀州藩の 明光丸(887トン)と衝突した場所とされるところである。今日は、三豊市のイ ベントである「いろは丸ツアー」に参加した。 仁尾マリーナから出航して衝突場所と沈没場所を通過して鞆の浦の関連史跡 をめぐるツアーである。 「いろは丸展示館」を見学した後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北の龍馬

今日は、中学時代の友人の車で永倉新八の墓など縁の地を巡った。その中に坂本龍馬に関わる人たちの墓もあった。坂本龍馬の子孫が北海道の開拓に尽力したことは有名である。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信楽寺(お龍さんの墓)

横浜から「京急大津」まで30分ほどである。 結構、早く着いたので駅前の商店街も開き始めたところだった。 目に付くのは「お龍さんの街」という旗(28日の写真)がそこら じゅうに立てられていることだった。 信楽寺は、墓地のすごのところが絶壁のような山が迫っている。 その山沿いにお龍さんの墓がある。 「贈正四位阪本龍馬…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お龍の町

今日は幕末史研究会が東京であるので早めに出て横須賀に寄ってお龍さんの墓に参ってきた。その後は足を伸ばして浦賀を歩いた。汗びっしょりになった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企画展「三吉慎蔵と親友坂本龍馬」

信州・上田、池波正太郎真田太平記館「春の企画展」で坂本龍馬を 取りあげているので見に行ってきた。 今朝、4時過ぎに起きて4時40分頃、薄明かりの中、自宅を出発。 豊明ICから入り、伊勢湾岸自動車道、東海環状自動車道、中央自 動車道、長野自動車道、上信越自動車道の上田菅平ICで降りた。 8時頃に着き、コンビニで朝食を買い、先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霊明神社

昨日は、京都の霊山歴史館で開催されている「大龍馬展」を 見に行ってきた。内容的には、とりたてていうほどのものは無 かった。それよりも、護国神社内の龍馬の墓には、団体客が 押し寄せている様子が見てとれた。私は墓はパスしたから、 あくまでも下から見た様子なのだが。大河ドラマが終わるまで 龍馬史跡はパスすることにしている。 墓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鞆ノ浦

20日から3泊4日の日程で山口県(美祢、萩、下関)を訪れていた。 今日は、帰る途中に福山で途中下車して、鞆ノ浦に行ってきた。 映画の「ポニョ」の舞台になったところであり、最近は環境問題で 有名になったところである。 私にとって鞆ノ浦は、坂本龍馬の「いろは丸事件」である。 その時の坂本龍馬の宿舎が残っている。 その宿舎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまには龍馬の悪口も言いたいぜよ

冬季オリンピックのスノーボードで注目の国母和宏は8位と いう結果となった。すごい技の連発でメダルも可能かと思わ せたが最後の最後に決めることが出来なかった。 結果としては、良かったのではないだろうか。金メダルをと っても、予選落ちになってもいろいろ言われただろうことが 予想される。まったく関係ないこともいろいろ取りざたされて …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍馬伝」の龍馬像

大河ドラマ「龍馬伝」の坂本龍馬は平和主義者である。 戦争を避けようとする龍馬像を描いている。尊皇討幕運動の 中にあって「大政奉還」を策する未来を暗示しているかのよう である。 一方で、昨年暮れに放送された「坂の上の雲」は、栄光の明 治を描き、日露戦争を「祖国防衛戦争」とする危険性を孕んで いる。『司馬遼太郎の歴史観』(中塚 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JIN~仁~

最近のテレビ番組で楽しみにしているものがある。 日曜日の9時に始まる「JIN~仁~」である。 幕末にタイムスリップした脳外科医・南方仁(大沢たかお)が 歴史上の人物と関わり、医師として活躍するというマンガを 原作とするドラマである。坂本龍馬や緒方洪庵、新門辰五郎 などが登場する。 視聴率も徐々に上がって、物語はいよいよ佳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬と戊辰戦争

8月の土佐紀行の第一の目的は、「坂本龍馬記念館」で開催されていた「戊辰戦争展」 でした。坂本龍馬が望まなかった戦争として戊辰戦争を捉えている。子ども用の説明には 次のように書いてあった。 『つまらない戦をおこしてはいけない。また、人というものは、今、何も役に立たなくても、 生きていればどういう人になるか分からない。だから、か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬暗殺事件

わたしの所属する「戊辰戦争研究会」で坂本龍馬暗殺事件を解明しよう という取り組みがあって、「実行犯は京都見廻組」という主張を述べた。 (1)実行犯は「京都見廻組」の佐々木只三郎、今井信郎、渡辺篤たち。 (2)理由は、今井信郎と渡辺篤の二人が実行犯であることを証言しているからです。 特に今井信郎の証言(兵部省・刑部省口書)は、明治…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

坂龍飛騰/和霊神社

和霊神社は、本家才谷屋が建立した。 坂本龍馬が脱藩するときに「和霊神社で花見をする」と言って出かけた。 小高い丘の上にひっそりとあった。案内板はあるのだが、なかなか見つ からなかった。 質素な鳥居がある。その側に坂龍飛騰の案内板が立っている。 鳥居をくぐって山登りのような道を歩いていくと、これも簡素な小屋があった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐紀行/檮原

檮原にある「維新の門」は、自由と平等を夢見て脱藩していった 吉村虎太郎や坂本龍馬、沢村惣之丞ら8人の群像である。 檮原に来た一つの目的だったが、ちょっと拍子抜けの感じであった。 那須俊平・信吾親子も8人の中に含まれている。坂本龍馬は、脱藩 のときにこの那須家に泊まっている。那須家の跡がわlからなかった のでガソリンスタンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬/脱藩の道

土佐紀行2日目は、レンタカーを借りて坂本龍馬の脱藩の道を たどって檮原へ出かけた。 司馬遼太郎は「街道をゆく/檮原街道」で次のように書き出す。 「土佐(高知県)に、檮原とよばれる山ふかい町がある。 ーーーユスハラは、土佐のチベットやきに。 などといわれた」 「檮原は、ほとんど桃源境ともいっていいような僻地でありながら、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬寓居跡

坂本龍馬の寓居跡である「酢屋」は、京都における海援隊本部である。 酢屋は、何回も訪れたし、写真も撮っていたが中に入ったことはなかった。 2階がギャラリーになっていて坂本龍馬の資料が展示されているというので 初めて酢屋の中に入った。材木商であった酢屋であるが、最近、リニアール されたとかで材木商らしい柱が見れるようにしたとか。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

坂本龍馬の墓

昨日、京都に行く用事があって、ついでに霊山・護国神社にある坂本龍馬の墓に参拝してきた。300円の入場料?を取られることは数年前に来て知っていたが、なんだかしっくり来ない感じである。40年ほど前、私は月に1回は来て、掃除をしたり草むしりをしていた。誰も人は来なかったし、もちろん入場料などなかった。 桂小五郎や高杉晋作の墓もあって、花…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more