テーマ:日記

司馬遼太郎の話

。憲政記念館の展示で国会の議員登院札がありました。今はデジタル化しているのですがアナログの最後のものだそうです。懐かしい名前がいっぱいありました。原健三郎は議長です。小林旭の渡り鳥シリーズの原作者です。 国会図書館で調べるつもりで出かけたのですがシステムが分からず1時時間ちょっとで終わりました。その後、憲政記念館に行ったり、秋葉原で時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休日に思ったこと

今日は、新天皇が即位を宣言する「即位礼正殿の儀」がありました。テレビは、NHKを筆頭に民放各社はなんだかんだと関連番組ばかりです。尊皇派の私でも辟易とするばかりです。そんなわけでテレビは一切見ていません。私が注目していたのは「天皇陛下のお言葉」です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー さきに、日本国憲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風被害

今日は、台風の影響をもろに受けた日となりました。最初の計画では台風一過で天気も良くて、レンタカーを借りて只見町の河井継之助記念館へでもと考えていました。しかし、台風の被害の大きさから一刻も早く帰ったほうがいいと思いました。ところが、駅に行くと磐越西線は終日不通でした。高速バスはといえば高速道路が通行止めです。テレビの情報で東北新幹線は午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツアー2日目(安田侃彫刻美術館)

3回目の月形樺戸博物館です。新館が増えて展示が一新されていました。ただ、永倉新八コーナーが狭くなっていたような気がしました。 新十津川開拓記念館は見応えがありました。(詳しくは後日) そして、今日のメインは安田侃彫刻美術館でした。美唄の元小学校の校庭・校舎に点在する彫刻がなんとも素敵でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街道をゆくツアー

今日は新千歳空港で待ち合わせて「街道をゆくツアー⌋に参加しています。三岸好太郎美術館を見学しました。 三岸好太郎が作家・下母沢寛(『新選組始末記』で有名)と異父兄弟であると司馬遼太郎さんが「街道をゆく15」に書いている。そして、三岸は「兄及ビ彼ノ長女」で春陽会展で春陽会賞を受賞して一躍、画壇で天才の評判を得ている。 司馬さんが好…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

同窓会

昨夜は、大江中学校の同窓会でした。卒業して19年で何回目かの同窓会です。企画の中心になっているS君によると4年に1回が目標ということです。成人式の後の飲み会が1回目で、教師の参加者は私だけでした。学年の同窓会は4回ほどで、野球部や有志のが間に挟まっているので2~3年に1回ほどの頻度で開催している勘定です。 昨夜は、教師も5人が参加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常滑散策

家族で知多半島・内海に泊まって、連れ合いの古希(1年遅れ)と息子夫婦の結婚5周年を口実の家族旅行でした。今日は、常滑の「焼き物散歩道」を歩いて、いくつかの店を廻りました。 常滑といえば土管坂が有名です。休憩所では土管で飲むクリームソーダを堪能しました。 何度も歩いている散歩道ですが新たな発見もあって面白いものです。最近は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇跡のような再会

今日は、大変懐かしい人に再会しました。 腰痛のために定期的に通っている接骨院の待合室で顔見知りのような人を見かけた。名前が思い出せず「失礼ですが鳴子台でご一緒だった」とまで言ったところで名前が思い浮かんで「野々山先生ですか」と尋ねてみるとドンピシャでした。近況を話し合って「お幾つになられたのですか」と聞くと87歳ということでした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの大学

4月以来の日本福祉大学です。 大学・九条の会の世話人会に『スタートラインに続く日々』とDVD『憲法改正の模擬授業』を渡しに行きました。その前に来週の家族旅行の宿泊ホテルに立ち寄ったのですが時間が早かったためか誰も居なくてリサーチができませんでした。 夕食を大学周辺で食べようとしたのですが火曜休みのところが多くて食べ損ねました。 帰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風余波

「あいち・平和のための戦争展」に行ってきました。 台風接近で暴風警報が出ている中でした。一応、出かける前に《名古屋市民ギャラリー矢田》に電話で聞いたところ「開催しています」ということでした。それでも、そんな天候だったので会場は人もまばらでした。私の主目的は名古屋市公会堂で開催される太平洋戦争を忘れない実行委員会主催の「平和を語る八…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨折した娘

今日から娘と孫がわが家に来ることになりました。 娘一家で旦那の実家に帰省中、娘が骨折してしまったからです。昨日、全国大会から帰って来て、そのことを聞いて驚きました。一昨日に救急車で運ばれたと聞いて、どれほど酷い骨折かと思ったのですが今日わが家にやってきた娘は動くことにそれほど不自由が無い状態で安心しました。 それでも全治1か月という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全生研大会終了

全生研大会の基調学習は、私の教師生活を支えた特別のものでした。政治情勢や子どもの実態の背景を明らかにしてくれる基調報告は他の教育団体からも注目されていたものです。最近は、そうした鋭さがなくなっていたのですが今年の基調は「当事者研究」をクローズアップして分かり易いものでした。私は、実行委員として大会を支える仕事をしていたので基調学習や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

団地の夏まつり

例年、この時期は研究会の全国大会があって地域の夏まつりに参加できなかったのですが今年は全国大会が1週間ズレたので参加できました。子どもたちが行っていた学童保育の関係で当時は出店をやったり、父母会で飲んだり、楽しくやっていました。30年ほど前のことなのですが今日は顔見知りの人は一人だけでした。学童保育のところに行っても代替わりで知って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『スタートラインに続く日々』今村彩子(桜山社)

今日は、奇遇にビックリした一日になりました。 ろう者の映画監督である今村彩子さんが書いた『スタートラインに続く日々』が8月1日に発刊されます。今村さんのドキュメンタリー映画のファンです。講演も何回か聞きました。4月に日本福祉大学九条の会主催の講演会のことも書きました。その時に、今村さんの話を若い教師に聞いてほしいと思いました。今村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新十両昇進 魁勝

今日は、嬉しいニュースが飛び込んできた。 応援している浅香山部屋の力士の十両昇進が決まった。 魁勝が幕下4枚目で4勝3敗だったので次は幕下筆頭かなと思っていたのですが (幕下の4人が昇進する予定で、魁勝より上位が3人いて、5枚目の力士が5勝 2敗だったので)4勝目が十両・荒鷲だったことが評価されたようです。 魁勝は真面…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《れいわ祭》山本太郎の街頭演説

雨が上がったので栄・松坂屋前に出かけました。ところが栄に着くと小雨模様でした。「れいわ新選組」の《8つの緊急政策》には納得です。 ①消費税は廃止、②最低賃金1500円、③奨学金チャラ、④公務員増やします、⑤一次産業戸別所得補償、⑥「トンデモ法」の見直し・廃止、 ⑦辺野古新基地建設中止、⑧原発即時禁止・被爆させない。 山…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝稽古見学

浅香山部屋の朝稽古を見学してきました。場所中ということもあって、親方衆がいないので力士たちもリラックスした稽古風景でした。その中でも勝ち越しに王手をかけている魁勝は真面目に黙々と稽古をしていました。見学者が少なくて私も何人かの力士と話をしました。 勝ち越し王手の魁渡は今日取り組みがあるので軽い稽古のようでした。(結果は、勝ち越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定番の鎌倉観光

鎌倉2日目は、鎌倉文学館に行きました。 ところが休館でした。昨日も明月院が閉鎖中で見学ができませんでした。それではと鎌倉大仏へと向かいました。天気は曇りの予想でしたがなぜか晴天になってきました。境内に与謝野晶子の歌碑もあり、連れ合いは喜んでいました。 バスで鎌倉駅に移動して、鶴岡八幡宮を参拝しました。 50年ほど前に修学旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞社訪問

午前中は、神保町で古本を見ていました。 日曜日が休みの書店が多かったので探していた本には 巡り会わなかったのですが、悪い癖で余分なものを買 ってしまいました。 喫茶店で本を読んだり、冨岡八幡宮に寄ったりして時 間を潰して朝日新聞本社に向かいました。 週刊朝日の村井編集委員の職場訪問という訳です。 予定では、本郷界隈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

司馬遼太郎を楽しむ会

今月2回目の東京。恒例の「司馬遼太郎を楽しむ会⌋です。 「坂の上の雲⌋における乃木希典と児玉源太郎、そして 秋山好古のことをたっぷりと聞けました。 懇親会では、遠くは九州、島根からの参加者もいました。 楽しみの二次会は、東京駅近くの居酒屋です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲の朝稽古

7月の名古屋場所が近づいてきて、浅香山部屋の朝稽古に行って きました。何やら力士が多いなと思って近づくと二子山部屋が出稽 古に来ていました。 元大関の親方同士が弟子たちに一言一言注意していました。 幕下4枚目の魁勝(写真)は最近力をつけてきて幕下上位で頑張って います。今場所の成績次第では十両に上がれるところまできまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄慰霊の日

今日は、南の方角に向けて黙祷する日です。 太平洋戦争の沖縄戦が終わった沖縄慰霊の日です。 激戦地であった沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で、太平洋 戦争末期の沖縄戦の犠牲者らを追悼する「沖縄全戦没者追悼式」 が行われました。 安倍首相の空疎な挨拶に対しては「ウソつくな!」など多くのヤジが 飛びました。玉城知事は、政府の辺野古…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

授業・学級づくり研究会

日本福祉大学教育実践研究センターの「授業研究部門 第1回 授業・ 学級づくり研究会」に参加してきました。 教師歴2年目の小学校教員の実践報告でした。実践者の名前を見て も覚えがなかったのですが顔を見て思い出しました。 卒業生が10人(長野・静岡・三重など県外から6人)、大学から6人、 大学退職者が3人、愛生研から2人が参加しま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高麗博物館

コリアタウンの大久保にある高麗博物館で開催されている「3・1独立 運動100年を考える」の展示が6月23日に終わるので間に合うよう に考えていました。 意外にも多くの訪問者がいて、解説を熱心に聞いていました。7階が 高麗博物館で8階が図書館になっています。 展示のパネルは、堤岩里虐殺事件や「3・1独立運動」を新聞はどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日野の新撰組ふるさと歴史館

東京に行く時の楽しみは富士山が見れることです。 今日は、雲に遮られていました。 日野の「新撰組ふるさと歴史館⌋に初めて行きまし た。 夜は、行田の居酒屋でゆったりしました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有松散策

昨夜の「退職を祝う会」に四国から参加したKさんと待ち合わせて 有松の捕虜収容所跡の案内と旧東海道の街並みを散策しました。 有松の東海道の街並みは絞りの店が建ち並びインスタ映えする ところです。町の外れには一里塚が再現されています。 街中には工夫された飾り物がありました。 絞会館に入るとマスコットキャラクターが鎮座し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

退職を祝う会

今夜は、研究会仲間の「退職を祝う会」でした。 退職といっても、非常勤で勤めているので気分的には退職していないようなものです。上は退職後20年の人から新卒の人まで17人が集まりました。私にとっては、半数は同窓会のようなものでした。名古屋サークルを結成した46年前からの6人が参加しました。女性陣4人は退職後は教育現場から去り、趣味や海外旅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本近代史を学び直す

中日文化センターの講座を受講してきました。 「日本近代史を学び直す」は、満州事変について川田 稔・名古屋大学 名誉教授による講座です。川田さんは、日本福祉大学で同じ招聘教授 をしているときに親しくしていただきました。そして、私にとって興味のあ る講義を担当されていたので一度受講したいと思っていました。 今日は、永田鉄山の構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読劇「捕虜のいた町」

捕虜収容所跡を残す会主催の朗読劇「捕虜のいた町」が有松・棚橋邸で 上演されました。棚橋邸は明治8年(1875)に建築され、戦時中から戦 後にかけて棚橋医院として使用されました。国登録有形文化財です。 棚橋邸の三間と土間を使っての上演でした。 上演後は出演者が出口前に並んで感謝の意を表しました。 アンケートに書かれた感想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗読劇「捕虜のいた町」リハーサル

今日は、朗読劇のリハーサルを棚橋邸でやり、ほぼ一日中かかりました。 絞りの浴衣や着物を着ている若い人が多く街中を歩いていました。 ちょっと時間が空いた時に、散策をしました。 公園に冷泉為章の歌碑があったり、中町の地蔵堂を見学しました。 午前中は、出演者が初めて棚橋邸で練習をするので立ち位置や観客席 からの見え方など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more