テーマ:

「辞本涯」の碑

福江島は、遣唐使にも関係があります。 朝鮮半島の新羅との軋轢で北路から変更された海路の最後の地と いうことで第16次(804年)に参加していた弘法大師(空海)が日本 を去る想いを書いた「遍照発揮性霊集」の一文があります。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 死を冒して海に入る 既に本涯を辞し 中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福江島の世界遺産

「潜伏キリシタン関連遺産」のある福江島を一日がかりで廻りました。 8時から17時にかけて一周150kmの巡礼の旅です。 井浦持教会は、南フランスのルルドの街、マッサビエルの洞窟を模して作られた 日本最初の霊泉地です。 1880年創建の三井楽教会はコンクリート造りのモダンな聖堂です。 玉之浦教会は映画「男はつらいよ6/純…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本平からの富士

今朝の日の出を焼津のホテルで見ました。 富士山も見えました。 日本平の展望台では富士山を堪能しました。 久能山の東照宮は再訪です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

焼津旅行

焼津に来ています。 姉と妹と一緒に旅行しようということで私の連れ合いを 加えて4人での旅行です。 富士山を見たいという私の希望です。親の墓参りをして から先ず掛川城を訪ねました。私としては念願の掛川城 です。司馬遼太郎さんの『功名が辻』を読んで以来、山内 一豊の妻・千代の魅力に惹かれています。 新幹線からよく見ていた掛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山科本願寺の土塁

浄土真宗の中興の祖と言われる蓮如上人が本拠地とした 山科本願寺に興味があって京都・山科へ行ってきました。 赤い線の個所が山科本願寺・寺内町遺跡ということです。 山科には、大学を卒業した後、半年ほど住んでいました。 しかし、その頃は西本願寺山科別院があることは知ってい ましたが興味がありませんでした。46年前なら、もっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉散歩3

「海街diary1/蝉時雨のやむ頃」で、すずが鎌倉にやって来た直後に 姉(佳乃)のカレの後をつけて佐助稲荷にいく場面がある。 縁結びの神社とかで若い人が多く来ていた。 佐助稲荷は、源頼朝に平家討伐を決意させた神が祀られているという 由緒ある神社で、多くの人は私のように「海街diary」で取り上げられたか ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉散歩2

鎌倉大仏は現在修復中で見ることができません。 写真は、東慶寺のものです。 21日に2度目の鎌倉散歩をしました。(40数年前に修学旅行で引率して 行っているので本当は3回目です。16日に鎌倉散歩をしたのに次いでの 2度目ということです) 北鎌倉駅から円覚寺と東慶寺を拝観しました。 東慶寺内には後醍醐天皇の皇女の墓も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉歴史散歩

鎌倉時代、鎌倉に入るには「切通し」といわれる細い道を通らねば ならなかった。いわゆる防衛しやすい都市でした。 鎌倉幕府に攻め込んだ新田義貞は極楽坂切通しに阻まれて攻め 込めなくて困っていた。その新田義貞が海の神に刀剣を捧げて祈 ると潮が引き、稲村ヶ崎を迂回して海岸線から攻め入り幕府を滅 ぼしたという伝説があります。 稲村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉散歩

今日は、鎌倉を歩きました。極楽寺~長谷の「海街diaryコース」、稲村ヶ崎公園、最後に朝比奈切通しでした。タブレットが不調のため写真は後日に追加します。明日は、川崎の小学校を見学します。 極楽寺駅のホームから地蔵堂を見る。 極楽寺駅前。 長谷駅に向かう江ノ電。 『海街diary7/あの日の青空』の扉頁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の富士山

今夜は歴史仲間の忘年会が東京であるので久しぶりに富士山を新幹線の中から見ています。 午後は、スカイツリーの側に集まって郵政博物館を見学しました。 ところが大失敗。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 13時 半蔵門線押上駅地上に集合し歴史探訪 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー この連絡を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤穂城に天守閣?

22日の午前中は赤穂城址を訪れた。 2~3年前に来ているので二度目の来訪です。 大手門を入ったところで一行が興奮したのは天守閣建設中の工事を 見た時でした。 ところが、よく見ると鯱まであるではないですか。電飾? 12月14日の赤穂義士祭のイルミネーションのようです。 午後は、姫路の書写山圓教寺です。当初は、23日に姫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤穂城下/花岳寺

忠臣蔵(赤穂義士)は日本人に人気のある物語です。 浅野家の菩提寺である花岳寺の傍に「息継ぎ井戸」がある。 浅野内匠頭が松の廊下で刃傷に到った顚末を赤穂城下に伝えた 早水藤左衛門と萱野三平がこの井戸で一息ついて大石内蔵助邸 に駆けつけたと言われている。 花岳寺には四十七士の墓がある。 墓碑に刀とある四…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西郷隆盛の史跡

鹿児島2日目は、レンタカーを借りて、知覧に行きました。 6日のブログで書いたのですが、タブレットの文字がひらがな変換しない ので携帯から投稿したので写真がイマイチでした。 知覧の武家屋敷が結構愉しめました。 開聞岳を見に行こうと車を走らせました。帰りは池田湖に寄り、そこでも 開聞岳が見えました。 鹿児島市内に戻り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラスの森美術館

箱根は蕎麦の土地柄でもあるようでした。随所に蕎麦屋がありました。 大涌谷の噴火騒ぎを心配していたのですが2日間で地震を感じたこと はありませんでした。 宿泊したホテルでは卓球で愉しみました。連れ合いが熱望した温泉卓 球でしたが未経験者もいたのですが結構楽しめたと思います。 2日目は、ガラスの森美術館に行きました。 ヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塩平八郎の墓

先日、大阪で宿泊したホテルの近くに歴史上の人物の墓があった。 大塩平八郎の墓です。隣には息子の墓もありました。 先月に読んだ『天保暴れ奉行』(中村彰彦)に登場していたので 印象深く見学しました。 もう一つは、ホテルから阪神電車に乗ろうと梅田まで歩いている 時に太融寺の前を通った。なんとなく名前に覚えがあったので境 内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピーカン天気の落倉高原

今日の天気はすっきり晴天でした。朝の散歩の時は寒くて(昨日は-3度だった) 雪の結晶と思えるものもあるほどでした。 スノーシューハイキングが初めての連れ合いも見事な景色に満足気でした。 八方尾根から五竜岳、鹿島槍が見える落倉高原の「白樺みずばしょうコース」 を1時間ほど、雪が堅くてスノーシューを使わなくても歩けそうだった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの松本城

今日は夫婦で久しぶりに松本に来ました。白馬へ行く途中に寄りました。 連れ合いは息子が学生時代に住んでいたアパートを見て懐かしんでいました。 昼食は、息子の松本時代によく行った「かき船」という松本城の堀の上に ある店で食べました。連れ合いの大好物であるカキで有名な店です。 私は、その店の天麩羅が好きでした。 白鳥湖に立ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落倉自然園

今日は、身体の節々が痛い。 スキーもあるが昨日のスノーシューハイキングで山登りまがいの ことをしたからだろう。ストックを多用したから腕が筋肉痛です。 落倉高原の定宿「白馬シンフォニー」の近くに落倉自然園があり、 私の好きな場所です。 シンフォニーから見える周辺の景色と朝食。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スノーシューハイキング

今日は、朝から天気が良かった。 落倉高原にはいくつかのスノーシューコースがある。 ペンションの人に教えてもらった「浅間山かもしかコース」に行ってみた。 スノーシューの足跡のある道を辿って行くと林道と急登に分かれていた。 急登コースを選んだがこれが大変。何しろ標高931mの浅間山なので 登山同然で汗だくになった。しかし、天気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そうだ!日本海を見に行こう

今シーズン初のスキーに白馬に来た。心配していた天気は快晴。 八方尾根でトレッキングを目論んでいたが上の方は風が強くてガ スっていたので諦めた。 スキーに疲れたので 1時過ぎに止めて、定宿に向かった。 途中、日本海まで46kmの表示を見て往復3時間とみて糸魚川を目指した。 白馬が気温1度(朝はー6度だった)なのに、新潟県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

回顧2012年

今年は歴史に関係する史跡を訪ねて、北は北海道、南は沖縄を旅した一年だった。 【1月】朝日カルチャーセンターの講座の仲間だった人たちの新年会が静岡で開催     された。徳川家康ゆかりの駿府城、大樹寺、高月院、久能山などのフィール     ドワークを愉しんだ。 【2月】東京で開催された「菜の花忌」に参加して、翌日、新撰組の故郷・日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志賀直哉旧居

奈良紀行の初日、奈良在住の小野さんと合流したのが昼食時だったので 小野さん推奨の手打ちそばを食べた。奈良には何回も行っているが奈良町 を歩いたのは初めてだった。小野さんが馴染みの「大喜多」は大満足だった。 そばが美味いのは言うまでもないが天麩羅そばの天麩羅が只者ではなかった。 普通の天麩羅そばの3倍ほどの量に驚いていたら追加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖林寺の十一面観音菩薩

聖林寺に着いたのは、9時を少し回った時刻だった。薄く朝霧が立ち、露草が 光っていた。聖林寺の創建は奈良時代(712年)で藤原鎌足の子どもが建てた ということです。国宝の十一面観音菩薩の美しさに圧倒された。静かな環境と たたずまいの寺の雰囲気とともに魅了された。 門前から遠望する三輪山や箸墓などの風景も一見の価値ありという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(中城城跡)

中城(なかぐすく)城跡は、標高160mの丘陵上にあり、沖縄の グスクの中で最も遺構がよく残っていることで知られている。 写真は、模型とうしろに見える本物の城壁。 裏門は、ペリーが琉球に来たときにエジプト式と評した精巧なアーチ が美しい。 中城城は、14世紀後半から15世紀中ごろに完成したと言われている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(世界遺産のグスク)

沖縄の世界遺産は9ヶ所ある。今回は、その内の8ヶ所を見た。 そして、5ヶ所は城跡(グスク)である。 勝連城跡(かつれんじょうせき)は、カーナビでは案内がなく案内板を 頼りに行ったのだが近くになってから案内板がない(見落とした?)た めに見当違いの場所まで行ってしまった。 グスクには。必ず拝所がある。 勝連城跡にもウシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(金城町石畳)

首里城見学の後、金城町石畳を散策した。 その途中に金城大樋川がある。 そして、内金城御嶽には、樹齢300年といわれる天然記念物に指定されている アカギの大木がある。 世界遺産のひとつである玉陵(たまうどぅん)は、1501年、尚真王が父の遺骨を 改葬するために築かれ、第二尚氏王統の陵墓となった。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(首里城)

沖縄紀行の3日目。斎場御嶽から御東廻りを逆回りしているうちに 天気が悪くなってきた。雨もパラつくようになったので美ら海水族館 と今帰仁城跡コースを変更して首里城に行くことにした。 首里城の象徴でもある守礼門では写真を撮る人が多い。 歓会門は古い感じがでていた。以前に来たときは再建される前だった からあったかどうか記憶にない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(御東廻り②)

知念城跡(グスク)は、沖縄最古の歌謡集・おもろさうしにも謡われた、正門・裏門 の石造りのアーチ門が美しいグスク。 城内の友利御之嶽(とむいぬたき)が、東御廻りの拝所。 ここが友利御之嶽か? ノロの屋敷跡。 知念大川は、知念グスクの西側入口にある井泉。玉城の受水・送水とともに、アマ ミキヨが稲をこの地に初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(御東廻り①)

沖縄行きの第一の目的は、甥の結婚式だった。 そして、第二の目的は沖縄在住の浅野さんの家を訪ねることだった。 海の見えるロケーション抜群の4階建ての邸宅である。 沖縄では、ゆったりと話をすることをユンタクという。庭でとれた果実 をいただきながら近況報告をしたり、お互いの状況報告をしあった。 浅野さんが「ユンタクするか、近くを案内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄紀行(南部戦跡)

沖縄の2日目。 恩納海岸から南下して、「海軍司令部壕」へ。 23年前か10数年前のどちらかで来ているはずなのだが、全く記憶にない。 地下壕を作っている様子が描かれた絵が展示してあった。 大田司令官は「沖縄県民斯く戦えり。県民に対し、後世特別のご高配を賜らんことを」と 電報を打って、幕僚とともに壕内で自決した。しかし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more