アクセスカウンタ

もしもの老子

プロフィール

ブログ名
もしもの老子
ブログ紹介
★好きな作家 藤沢周平、池波正太郎、司馬遼太郎、佐伯泰英
★最近ハマッている作家  原田マハ、瀬尾まいこ、小林信彦
★見ているテレビ番組 「鶴瓶の家族に乾杯」「さわこの朝」「アナザースカイ」「皇室アルバム」「プレバト」「おしゃれイズム」「僕らの時代」
★聴いているラジオ番組「つボイノリオの聞けば聞くほど」「北野誠のズバリ」「よりどり」(CBC)
★いま読んでいる本         

「教育をよみとく」田中耕治/他
「レクイエム昭和」文春ムック
「歴史に《何を》学ぶのか」半藤一利
「《男はつらいよ》を旅する」川本三郎
「歴史の坂道」中村彰彦
「夏の祈りは」須賀しのぶ
「決戦!新撰組」葉室麟/他5人

★趣味 山登り、スキー、テニス、読書、映画鑑賞、史跡散策
★幕末史(坂本龍馬・戊辰戦争・新撰組・永倉新八)研究
★地域の「9条の会」の発起人・世話人をしている。
★昭和歌謡の歌碑探訪

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
映画「人生フルーツ」
映画「人生フルーツ」 劇場で見逃した映画ですが、録画しておいたテレビ・ドキュメンタリーを 見ました。春日井の高蔵寺ニュータウンの側に住む津端修一さんと英 子さんの生活は「人生フルーツ」と呼ぶのに相応しい豊かなものでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/19 10:56
天気が大変
天気が大変 今日は、不思議な一日でした。 と、いうのも朝から雨が降って、地域のテニスサークルはないだろう と思っていたら、1時間遅れで実施する予定という連絡が入った。 それでも、私はまず無理だろうと思っていました。 ところが、予定の30分前に陽が差してきました。 2時間のテニスでしっかり汗をかきました。最近、体調が不安定で休 んでいたので久しぶりのテニスでした。それにしても疲れました。 午後、予約していた歯科医院に行って噛み合わせの悪いところを修 正してもらいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/18 23:06
私の本棚(8月17日)
私の本棚(8月17日) @「発達vol38/いま、子どもの貧困を考える」(ミネルヴァ書房) A「月刊 憲法運動 No463」(憲法会議) B「幻の大府飛行場と飛龍」(大府学研究会) C「大府村異聞」廣江安彦(一粒書房) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/17 12:23
原発=原爆
今月初めに福島に行って、原発事故について考えました。 「原子力の平和利用」というまやかしは、次の岸 信介の言葉によって 明かである。岸は「平和利用ということと軍事的利用ということは紙一 枚の相違である」と国会答弁でかたっていた。 ---------------------------------------------------------------------- 原子力技術はそれ自体平和利用も兵器としての使用も共に可能である。 どちらに用いるかは政策であり国家意志の問題である。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/16 21:24
終戦記念日
『昭和史』中村驩p(東洋経済新報社)によると、8月9日の長崎に 原爆が投下されたことで、天皇の戦争継続は不可能という意向が伝 えられ、最高戦争指導会議構成員会議が開かれ鈴木首相からポツ ダム宣言受諾が提案された。 阿南陸相と米内海相が否諾で対立し、結論は出なかったが翌10日 には「天皇の国家統治の大権を変更する要求を含んでいない」と条 件をつけて、受諾電報が発電された。 いくつかの曲折を経て、14日午後の閣議において詔勅案が決定さ れた。そして、有名な玉音放送を録音する。 ー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/15 18:50
叔父の葬儀
叔父の葬儀 叔父の葬儀で横浜に行ってきました。 80歳という年齢は早いのかどうか微妙なところですが、先月に「暑中見舞い」の 葉書をもらっていたので驚きました。4年前に心筋梗塞で入院したが、手術をし ないで再発したようです。 末弟ということで、他の兄姉は参列できず代理で集まったのはいとこ同士でした。 その中でも私が長兄の子ということもあって年長で献杯の発声をしました。 叔父は、警察署長もした経歴で叙勲も受けています。その表彰状が式場に置い てありました。家族葬ということで参列したのは親戚関係... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/14 22:14
十五歳の戦争
作家・西村京太郎さんの『十五歳の戦争』に、「国民を 守れとは教えられなかった⌋とある。西村さんは陸軍幼年 学校出身のエリートだったという。 この本の中で西村さんは⌈陸軍刑法⌋について書いています。 それによると「矢折れ力つきて、戦うことが不可能になっ た場合は、降伏することが許されると、書かれているので ある⌋というのです。 東條英機が作ったと言われる⌈戦陣訓⌋には、⌈生きて虜囚の 辱しめを受けず... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/08/13 20:40

続きを見る

トップへ

月別リンク

もしもの老子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる