もしもの老子

アクセスカウンタ

zoom RSS 北朝鮮のミサイル発射

<<   作成日時 : 2017/09/02 18:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今週は、北朝鮮のミサイル発射がありました。
それも日本上空を通過したことで大変な騒ぎになりました。
安倍首相が「北朝鮮が日本に向かってミサイルを発射した」と発言した
(こういう不用意な発言が恐ろしい)ことやJアラートによって「避難しな
さい」と指示されても何処へという戸惑いしかないことが明らかになった。
画像

北朝鮮の行為は許されるものではありませんが、日本上空を通過した
のであって、安倍首相の発言のように日本に向けて発射したわけでは
ありません。
北朝鮮のミサイルは、大気圏外の宇宙ステーションよりも上の550km
を通過しているのです。
第一、安倍首相は安保関連法について以下のように発言していました。
----------------------------------------------------------------------
もし日本が危険にさらされたときには、日米同盟は完全に機能する。
そのことを世界に発信することによって、抑止力は更に高まり、日本が
攻撃を受ける可能性は一層なくなっていくと考えます。
ですから、戦争法案などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤りで
あります。
      (安保関連法閣議決定記者会見。2015年5月14日)
----------------------------------------------------------------------
それなのに、抑止力がまったく効いていないということになっています。
官房長官の記者会見で、東京新聞の望月記者が面白い質問をしてい
ました。8月に安倍首相が公邸に泊まったのが2日あって、そのたびに
北朝鮮がミサイルを発射している、というのです。そういえば、29日の
対応も早かった。事前に発射するのがわかっていたのではないかとい
う人もいました。おまけに日本を攻撃することはないこともわかってい
たというのです。

「海国防衛ジャーナル」2012年4月7日の記事で鈴木馨祐氏が北朝鮮
からアメリカ本土を攻撃するミサイルが発射されても日本上空を通過す
ることはないと言っています。
画像

テレビで「避難せよと言っても5分では間に合わない」と言っている人
がいました。自衛隊の迎撃も技術的に難しいそうです。
それなら、北朝鮮が暴発しないように外交力を発揮してもらいたいも
のです。「北朝鮮を攻めろ」などと無責任に煽る人もいますが戦争は
絶対に避けるべきです。
安倍首相の父親である安倍晋太郎氏がかつて次のように発言しています。
----------------------------------------------------------------------
戦争を始めない、始めさせないことが一番大事、そこに日本の憲法の
根源があると思う。(中略)この体制を変え、日本が軍事大国になると
か、専守防衛をやめて攻撃できるように導けば、大変なことになると私
は思う。
やはり日本人の知恵、我々の歩んできた体験を踏まえた限界を守って、
国家体制を維持すべきではないか。それが戦争に巻き込まれず、戦争
を防ぐ唯一の道ではないか。
                        (1984年7月31日、参院外務委)

----------------------------------------------------------------------

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
北朝鮮のミサイル発射 もしもの老子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる