アクセスカウンタ

もしもの老子

プロフィール

ブログ名
もしもの老子
ブログ紹介
★好きな作家 
 藤沢周平、池波正太郎、司馬遼太郎、佐伯泰英
★最近ハマッている作家  
 原田マハ、松岡圭祐、丸山正樹

★見ているテレビ番組 
日曜日・・「皇室アルバム」「僕らの時代」「おしゃれイズム」
月曜日・・「鶴瓶の家族に乾杯」
水曜日・・「きらきらアフロ」
木曜日・・「プレバト」
金曜日・・「アナザースカイ」
土曜日・・「さわこの朝」
毎 日・・・「まんぷく」

★聴いているラジオ番組
「つボイノリオの聞けば聞くほど」
「北野誠のズバリ」
「よりどり」

★いま読んでいる本         
「昭和」永六輔
「日本軍兵士」吉田 裕
「《橋のない川》を読む」住井すゑ/福田雅子
「居眠り磐音/奈緒と磐音」佐伯泰英
「歴史を知る楽しみ」家近良樹


★趣味 山登り、スキー、テニス、読書、映画鑑賞、史跡散策
★幕末史(坂本龍馬・戊辰戦争・新撰組・永倉新八)研究
★地域の「9条の会」の発起人・世話人をしている。
★昭和歌謡の歌碑探訪

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
丸尾錦作と大正天皇
今日は、2か月ぶりの「古文書解読講座」でした。 忠臣蔵関係の史料がテキストで、討ち入り後に切腹した赤穂浪士の 一人一人の介錯人の名前が記録されていることを知りました。 導入のところで『浪合記』の紹介があり、後醍醐天皇の孫にあたる人 を祀る浪合神社(長野県大鹿村)のことや徳川家康と新田義貞の関 係などを興味深く聞きました。 雑談で大正天皇の学習院小学校時代の担任であった丸尾錦作が東 宮(皇太子=後の大正天皇)の学校での様子について報告した史料 が話題になりました。 丸尾は、皇太子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/19 22:09
「日本スゴイ!」はニセ右翼
鈴木邦男さんは「人は右翼というけれど、日本人が一番エライと いうのが右翼なら、軍拡せよというのが右翼なら、そして愛国を 強制するのが右翼なら、私、右翼ではありません」と言っている。 右翼で最も有名な人が「日本人が一番エライ」というのはおかし いと言っているのです。 それほど、「日本スゴイ!」というニセ右翼がいるということです。 百田尚樹の『日本国紀』が酷いということは前にも書きました。 ネット上で「近代日本の真実」などと言って「日本スゴイ論」を発 信している人もいます。その中に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/18 23:35
浜田真理子ライブ
浜田真理子ライブ 今夜は、今池・ToKuzoでの《ふちがみとふなと》とのジョイント ライブでした。ところが、ふちがみとふなとが風邪のため声が出 ないというアクシデント。 ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」を歌ったのですがハモらない酷 い出来でした。ザ・ピーナッツの地元でそれはないでしょうという 感じでした。 浜田真理子の歌は良かったのですが昭和歌謡をもっと聴きたか った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 23:44
私の本棚(1月16日)
私の本棚(1月16日) @「歴史としての東大闘争」冨田 武(ちくま新書) A「一切なりゆき」樹木希林(文春新書) B「安倍官邸VS.NHK」相澤冬樹(文藝春秋) C「日本史は逆から学べ/近現代史」河合 敦(光文社知惠の森文庫) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/16 16:49
国際法って何?
ネトウヨの定義に「韓国・中国・朝日新聞」の一つでも好きなものが あれば「反日」、「パヨク」だというのがあるそうです。 私は、最近の中国は好きではありません。朝日新聞よりも東京新 聞(中日新聞)の方が好きです。しかし、韓国は昨年の11月に行 ってから親近感を持っています。 最近の日韓関係のギスギス感を心配しています。 そして、「徴用工問題」や「挺身隊問題」について、日本のマスコミ の取り上げ方には危惧を感じています。先日もテレビで街の声と して「韓国が国際法を守っていない」と強調し... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/15 22:34
成人の日
成人の日 天気も良くて、晴れ着の似合う成人式の日でした。 会場前で例年のごとく九条の会のパンフレットを配りました。 「おめでとう」と言いながら渡すと殆どの新成人は「ありがとう ございます」と受けとってくれました。 最近の若者は素直な人が多いのかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 17:48
城山三郎さんの別荘探し2
昨年来、城山三郎さんが戦時中・戦後に豊明に住んでいた場所を 探していたのですが先日、城山さんの弟さんの息子さんから貴重な 情報を得ることができました。 別荘は、中京競馬場に売ったということでした。ただ、場所はわから ない。林薫一さんが中京競馬場のメインスタンドの向かいだったと 言っていたそうです。 「城山三郎伝」を書かれた西尾典祐さんは「切り立った崖の側」と言 われているのでほぼ分かったような気がします。 その内に、中京競馬場へ確認に行くつもりです。 そして、城山さんと三浦綾子... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 22:53

続きを見る

トップへ

月別リンク

もしもの老子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる