散歩

関東地方では雪が降っていたそうですが名古屋は午後から晴れてきました。最近は、1時間ほどの散歩を意識的にしています。扇川には野鳥が浮かんでいました。川辺には桜が七分咲きのようでした。 勅使池公園の山道は散歩には最適の道です。その先の公園の桜は満開でした。 新型コロナウイルスは、東京で猛威を振るっています。人口的に感染者…
コメント:0

続きを読むread more

『わたしはこう読んだ《橋のない川》』について

沢田さんとは1970年に山科の新聞販売店で半年ほど一緒に働きました。それから50年、「山科会」と名付けたグループの一員として長い付き合いをしてきました。 『わたしはこう読んだ《橋のない川》』を一読した時は、ちょっとガッカリしました。ほとんどが引用という書き方にです。「サワダオサムはこう読んだ」ということに期待感があったからです。沢田さ…
コメント:0

続きを読むread more

マスクは何処に?

2月21日のNHKニュースで菅官房長官がマスクは「今週には毎週1億枚以上の供給確保」と言ったと伝えていました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、品薄状態にあるマスクの供給見通しについて「現在、国内主要会社で24時間の生産体制によって、例年の倍以上の供給となってい…
コメント:0

続きを読むread more

名教労26周年レセプション

私が退職時に所属していた名古屋市教職員労働組合(全教名古屋)が26周年を祝う会を開催しました。新型コロナ騒動の際なので危惧する声もあったようですが十分に配慮した会になりました。今年初めに前委員長の佐藤斉子さんが亡くなり、その追悼も兼ねての会となりました。参加者の多くは、私のような退職者でしたが結成当時からの人の回想もあり意義深い会で…
コメント:0

続きを読むread more

映画「三島由紀夫VS東大全共闘」

1969年5月13日、東大駒場の900番教室で行われた討論会のドキュメンタリー映画です。作家の三島由紀夫は、右翼団体「楯の会」を作って共産主義と戦うことを目ざしていた。その三島が、東大全共闘の誘いに応じて約1000人の学生の前で討論した記録です。それにしても、全共闘の学生が出演を交渉して、それに応じた三島由紀夫がいたという事実がすご…
コメント:0

続きを読むread more

私の本棚(3月24日)

①「廃城をゆく/ベスト100城」(イカロス出版) ②「夜間中学へようこそ」沢音千尋/山本悦子原作(双葉社) ③「海舟とホイットニー」渋沢輝二郎(TBSブリタニカ) ④「司馬遼太郎を読む」松本健一(新潮文庫) ⑤「司馬遼太郎読本」現代作家研究会(徳間書店) ⑥「インターネットとヘイトスピーチ」第二東京弁護士会人権擁護委員…
コメント:0

続きを読むread more

『第2版』に拘る

今日は、昨日の浅野さんの講演に触発されて書くことにしました。私が所属する民間教育団体である全国生活指導協議会(全生研)の人でないと分からないところが多いと思います。私が教師になったのは、1971年です。そして、全生研に関わったのが1973年です。当時、私は『学級集団づくり入門/第2版』を研究会で読み合って学んでいました。その中に、「学級…
コメント:0

続きを読むread more