講義終了

水曜日で大学の講義がすべて終了しました。
非常勤を5年(愛教大、桜花学園大、日福大)、専任を5年の10年間が
終わってホッとしています。もちろん、3月末までは大学に行くのですが
正式な講義は終了です。
最後の講義で学生がやさしい感想を述べてくれました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
池田先生の教師生活の中の様々な実践を聞くことができて、私自身も
スキルアップできたとともに、来年度よりの教師生活のイメージをつか
みやすくなったと思う。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
教職実践演習はとても考えさせられる授業でした。学校は、生徒たちが
輝ける場でなければならないと私自身考えています。そのような場を作
れるような教員になりたいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
生徒・子ども観と価値基準を変えるということがとても印象に残りました。
当たり前だと思っていても、一人一人の当たり前は異なるし、できなくて
当たり前だと思うことが大切だなと思います。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
池田さんには1年生の時からお世話になっていました。他の先生とは
どこかちがう授業がとても印象的で楽しかったです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
池田先生の講義は、教職実践演習が初めてでした。どんなことをする
のか、初めのうちはドキドキしていましたが、グループで討論の案を考
えたり、寸劇をしたりと他の講義では経験できないことが多かったです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4年間、教職課程の講義を受けてきましたが、生徒の関わり、教師とし
て・・・など学んでいくと「教員として仕事はできないな」というように私自
身は思っていました。しかし、進路が決まっていない今だからということ
もあるかもしれませんが、教職実践演習では「教員になるのもありかも
しれない」というように思えました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3年生の「特別活動方法論」での感想です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今日の講義の半分は、教師になれなくても生きていくうえで、どこかで
支えになることでした。
群読を初めてやった。すごく面白かった。一体感が気持ちよかった。集
団づくりとして、この気持ちが持てることが集団の第一歩なのだと思う。
みんなで何かをすることが少ない今だからこそ楽しいと思えたのかも
しれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
池田先生は、めっちゃテキトーに見えるけど、1つ1つのことにちゃんと
意味があってやっているので見習いたいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
私が3月に退職ということで、3年生で来年に中学校の教育実習がある
学生から自主講座をやってほしいと頼まれたので都合のつく日程でやる
ことにしました。


この記事へのコメント

KOYASU
2017年12月22日 08:44
お疲れ様でした。また、お世話になりました。

この記事へのトラックバック