「首相動静」から読み取れること

4月22日の安倍首相の動静は次のようになっています。
---------------------------------------------------------
【午後】0時42分、東京・平河町の砂防会館別館。
47分、会議室「六甲」で北朝鮮による拉致被害者家族会の
飯塚繁雄代表、横田拓也事務局長、横田早紀江さんらと面
会。加藤勝信拉致問題担当相ら同席。
1時59分、会議室「シェーンバッハ・サボー」で拉致問題の国
民大集会に出席し、あいさつ。
2時44分、東京・富ケ谷の自宅。
---------------------------------------------------------
「拉致問題の国民大集会に出席し、あいさつ」の後、政務のため
会場を去ろうとする安倍首相に対して、「もう帰るのか」とヤジが
飛んだといいます。安倍首相に対するイライラが声に出たのでは
ないかと言われています。
拉致問題を利用していると参加者から疑われているのです。
拉致問題のために安倍首相が何をしましたか?
北朝鮮に圧力をかけるとか威勢のいいことばかり言っていました
が韓国もアメリカも対話路線に転じています。拉致問題を両大統
領に頼むだけで自身が動こうとはしていません。
その上に、集会に顔を出すだけで政務を口実に早々と帰ろうとす
る姿勢に不信の言葉が飛び出したのでしょう。
おまけに、「動静」を見ると自宅に帰っているだけです。
これでは、拉致問題に取り組んでいるかのように利用しているだ
けと言われても仕方ないのではないでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いい加減、目覚めなさい。
日本という国は、そういう特権階級の人たちが楽しく幸せに暮ら
せるように、あなたたち凡人が安い給料で働き、高い税金を払う
ことで成り立っているんです。
そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでるか知っ
てる?
今のままずーっと愚かでいてくれればいいの。
世の中の仕組みや不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でも
ぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら上司の言うことをおとな
しく聞いて、戦争が始まったら、真っ先に危険なところへ行って戦
ってくればいいの。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2005年に放映した「教室の女王」において、教師(天海祐希)が
子どもたちに向かって言ったセリフです。
その子どもたちは、現在20代半ばになっています。
過労死(長時間労働)、セクハラ・パワハラ、奨学金と言われるロ
ーン、保育所の待機児童、などの問題があるのに「愚かでいてく
れればいい
」と思っている奴らの思うつぼでいいのでしょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック