沖縄慰霊の日

今日は、南の方角に向けて黙祷する日です。
太平洋戦争の沖縄戦が終わった沖縄慰霊の日です。
激戦地であった沖縄県糸満市摩文仁の平和祈念公園で、太平洋
戦争末期の沖縄戦の犠牲者らを追悼する「沖縄全戦没者追悼式」
が行われました。
安倍首相の空疎な挨拶に対しては「ウソつくな!」など多くのヤジが
飛びました。玉城知事は、政府の辺野古基地建設強行を批判しな
がら方言も交えて県民に呼びかけました。
画像

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日、慰霊の日に当たり、国籍や人種の別なく、犠牲になられた
全ての御霊(みたま)に心から哀悼の誠を捧(ささ)げるとともに、
全ての人の尊厳を守り誰一人取り残すことのない多様性と寛容
性にあふれる平和な社会を実現するため、全身全霊で取り組ん
でいく決意をここに宣言します。

御元祖(うぐわんす)から譲(ゆじ)り受きてぃ、太平(てーふぃー、
平和)世願(ゆーにげー)い愛(かな)さしっちゃる肝心(ちむぐくる)、
肝清(ちむちゅら)さる沖縄人(うちなーんちゅ)ぬ精神(たまし)や
子孫(くわんまが)んかい受き取(とぅ)らさねーないびらん。
幾世(いちぬゆー)までぃん悲惨(あわりくり)さる戦争(いくさ)ぬね
ーらん、心安(くくるや)しく暮らさりーる世界(しけー)んでぃし、
皆(んな)さーに構築(ちゅくてぃ)いかんとーないびらん。
わした沖縄御万人(うちなーうまんちゅ)と共(とぅむ)に努(ちとぅ)
み尽(ち)くち行ちゅる思(うむ)いやいびーん。

先人から受け継いだ、平和を愛する沖縄のチムグクル(こころ)を
後世(子や孫)に伝えなければなりません。
いつまでも平和で安心した世界をみんなで築いていかなければ
なりません。
沖縄県民の皆さんと共に努力していくことを決意します。

--------------------------------------------------------------
そして、小学生の山内玲奈さんが平和の詩「本当の幸せ」を朗読
しました。
--------------------------------------------------------------
青くきれいな海 この海は どんな景色を見たのだろうか
爆弾が何発も打ちこまれ 炎で包まれた町
そんな沖縄を見たのではないだろうか
緑あふれる大地 この大地はどんな声を聞いたのだろうか
けたたましい爆音 泣き叫ぶ幼子 
兵士の声や銃声が入り乱れた戦場
そんな沖縄を聞いたのだろうか
青く澄み渡る空 この空は どんなことを思ったのだろうか
緑が消え 町が消え 希望の光を失った島
体が震え 心も震える いくつもの尊い命が奪われたことを知り
そんな沖縄に涙したのだろうか
平成時代 私はこの世に生まれた
青くきれいな海 緑あふれる大地 
青く澄みわたる空しか知らない私
海や大地や空が74年前 
何を見て 何を聞き 何を思ったのか
知らない世代が増えている 体験したことはなくとも
戦争の悲惨さを 決して繰り返してはいけないことを 
伝え継いでいくことは 今に生きる私たちの使命だ
二度と悲しい涙を流さないために
この島が この国が この世界が幸せであるように
お金持ちになることや 有名になることが幸せではない
家族と友達と笑い合える毎日こそが 本当の幸せだ
未来に夢を持つことこそが 最高の幸せだ
「命どぅ宝」
生きているから笑い合える 生きているから未来がある
令和時代 明日への希望を願う新しい時代が始まった
この幸せをいつまでも
----------------------------------------------------------------
画像








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック