あいち教育大集会

016.JPG
愛知民教連主催の「あいち教育大集会」に参加しました。
前川喜平さんの講演「子どもたちが主体的に学び合える学校づくり」を聞きに行きました。前川講演は3回目です。90分の予定が130分ほど話したので質疑応答の時間が短かったのが残念でした。前川さんは、ご自身も関わった名古屋市内の中学校での授業や愛知トリエンナーレの例を上げて行政が教育(国が地方)に介入することの違憲性を語りました。憲法が大事にする価値観で強調したのは「国家や社会が始めからあるのではない」ということでした。つまり、《個人の尊厳》こそが大日本帝国憲法との違いだと言います。第一次安倍政権が改定してしまった教育基本法は「憲法の三原則(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)は、学校教育を通じて実現していく」と宣言していました。
前川さんの講演としては、やや少ない参加者となりました。前川さんなら300~500人が集まるのが普通です。それでも民教連主催では多い方だったと思います。ここに教員の意識と組織の問題点が現れているように思いました。
午前中は、鶴舞図書館で《BC級戦犯横浜裁判》の資料調査をしました。2時間ばかりでしたが貴重な史料を読み、コピーしました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント