サクラを見る会・続報

11日に次のように書きました。
内閣府がジェーシー・コムサと随意契約した「桜を見る会」における飲食物の提供業務の契約金額は、
平成25年 9,722,000円、
平成26年 13,498,000円、
平成27年 13,498,000円、
平成28年 19,222,208円、
平成29年 19,200,000円、
平成30年 21,355,312円だそうです。

鋭いツッコミに私が興味深く読んでいる「きっこのブログ」がこのジェーシー・コムサについて書いていました。
--------------------------------------------------------------------------
この「ジェーシー・コムサ」の取締役は「アーネスト・M・比嘉」という日系アメリカ人の男性で、その姉が会長をつとめています。この「アーネスト・M・比嘉」という人物は、安倍昭恵夫人のフェイスブックに何度も登場しています。いろいろな高級レストランの個室で、安倍夫妻と楽しそうに食事をしている画像を複数見ることができます。そして、安倍首相自身も「古くからの友人」だと公言したことのある人物なのです。安倍首相は加計孝太郎のことを「腹心の友」と公言しましたが、この「アーネスト・M・比嘉」という人物も加計孝太郎と同様に安倍首相自身が認める友人なのです。

これはすべてあたしたち国民が納めている税金による支出です。2018年の総予算は約5,300万円ですから、そのうちの約2,135万円と言えば全体の40%超です。それがすべて安倍首相の「古くからの友人」の会社へ支払われているのです。安倍首相が自分のお金で開催しているプライベートの会であれば、料理や飲み物をどこへ委託しようと自由です。でも、これは国民の税金で行なわれている行事なのです。

すべて国民の税金で行なわれている行事の最大の支出先を、自分の古くからの友人の会社に独占させて、その支払額をわずか5年で2倍以上に膨れ上がらせていたのです。そして、そこに招待しているのが自分の後援会の支援者たちって、何ですか、これ?前後左右上下、どこからどう見ても「公式行事の私物化」じゃないですか!
--------------------------------------------------------------------------
やっぱり安倍首相の選挙違反、もしくは贈収賄、税金泥棒なのではないでしょうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント