テニスを愉しむ

今日は、定例の「地域テニス」の日です。夫婦で参加して20年ぐらいになります。始めた当初は、みんなも若く夏場は一泊の合宿練習会もしました。その内に人数が増えて初心者も加入したので初心者と中級者に分け、私たちが退職してからは平日に初心者、日曜日に中・上級者となりました。現在、初心者が9名、中・上級者が8名ぐらいでテニスを愉しんでいます。私は…
コメント:0

続きを読むread more

ZOOM学習会

今夜、愛生研のZOOM学習会で全生研の基調提案を話合いました。ところが、私のZOOM環境がおかしくて、こちらの映像と音声がダメでした。(画面の映像・音声は大丈夫)今日のために、基調提案は当然ですが取り上げられていた実践記録(『生活指導』2019年10・11月号、ならびに『全生研第58回(2016年)~61回(2019年)全国大会紀要』)…
コメント:0

続きを読むread more

映画「マルモイ~ことばあつめ」

1942年に起こった「朝鮮語学会事件」を描いた映画です。「朝鮮語学会事件」とは《ニッポニカ》には次のように書かれています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 朝鮮語と外来語の表記法、標準語の認定、朝鮮語辞典の編纂など、朝鮮語の研究と整備を目ざした朝鮮語学会の主力会員を、朝鮮総督府が1942年…
コメント:0

続きを読むread more

旧友と食事会

今夜は、以前に近所に住んでいた友人と半年ぶりに食事会でした。冬は友人宅で、夏は私の家でと年に2回の食事会です。彼女は東京にも家を持っていて、映画とグルメ、そしてピアノ教室と忙しい日々を過ごしています。その間に、自身はフランス語を学んでいます。映画もハリウッド映画は英語の勉強のために見ているとか。お酒も好きなので、今夜は埼玉のお酒にしまし…
コメント:0

続きを読むread more

行政のやるべきこと

先週の《羽鳥慎一モーニングショー》で、玉川徹さんが「都知事がやるべき事は『外出しないで下さ~い、控えて下さ~い』じゃなく、実際に感染者を減らす為の行政だけができる事をやれ。やるべき事は都民への呼び掛けじゃなくて検査の充実と宿泊施設を確保する事」と言ったらしい。 さすがは、モーニングショー、玉川さんといったところです。《モーニングショー…
コメント:0

続きを読むread more

CBC ネットで夏まつり

昨日・今日とCBCラジオの《夏まつり》がネット配信しています。例年は久屋広場で開催されるのですが今年はコロナ禍ということでネット配信となりました。昨夜は、つボイノリオと多田しげお、小堀勝啓、加藤由香というアナウンサーの出演でした。 今日は、つボイノリオ、伊藤秀志、小高直子アナウンサーの《つボイノリオの聞けば聞くほどSP 「つボイ・…
コメント:0

続きを読むread more

映画「はちどり」

「1994年のソウル。金日成逝去、漢江の橋脚崩落事故や、学歴社会と家父長制度が色濃い不安な時代を生き、自身の繊細な感情に揺すぶられている女子中学生ウニ」という案内文を読んで激動のストーリーを想像したのですが全く違っていました。1994年の韓国というのはひとつの分岐点に立っていた時期でした。1987年の民主化闘争によって全斗煥軍事政権…
コメント:0

続きを読むread more

永六輔と『つボイノリオの聞けば聞くほど』

最近、永六輔の本を読んでいます。ずいぶん以前(永さんがパーキンソン病で闘病中の頃)の本ですが『むずかしいことをやさしく、やさしいことを深く、深いことを面白く』の中に、「知らなくていいことを知るのと、知らなくてはいけないことを知らないのと、《スマホ》に振りまわされる人間を見ているとストレスのたまるこのごろである」と書いていました。永さんは…
コメント:0

続きを読むread more

『教師の教育力』を読む

『教師の教育力』は1987年刊です。大西忠治さんは教師が実践記録を読むことと書くことを教師修行の大事なこととしています。 大西さんは、《1章 子どもを見る・実践を見る》で、「流行している新しいと見える理論と方法も多くが過去のそれらの実践のなかにすでにあったもので、あるものはすでに誤りであることがあきらかに指摘されているものすら含まれて…
コメント:0

続きを読むread more

私の本棚(7月22日)

①「猫を棄てる」村上春樹(文藝春秋) ②「ことばの危機」阿部公彦/他4人(集英社新書) ③「近現代史からの警告」保阪正康(講談社現代新書) ④「世界史のなかの昭和史」半藤一利(平凡社) ⑤「つくられる嫌韓世論」村山俊夫(明石書店) ⑥「学校が子どもを殺すとき」渋井哲也(論創社) ⑦「一人で思う、二人で語る、みんなで考…
コメント:0

続きを読むread more

保阪正康講座

今日は、半年ぶりの講座が再開しました。中日文化センターの「保阪正康が語る昭和史の謎」です。保阪さんの体調が悪くて1・2月が休講になって3月からはコロナ禍で休講だったのです。そんなわけで参加者も若干少なめだったようです。保阪さんは、お元気な様子で安心しました。コロナ対策も万全で、講師の前にはアクリル板があり、私たちの席もソーシャルディ…
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「アンサング・シンデレラ」

石原さとみ主演のTVドラマが始まりました。 大病院勤務の薬剤師・葵みどり(石原さとみ)は、時には患者の症状から医師が見逃している原因を指摘して越権行為だと医師から嫌われることがある。同僚の薬剤師たちは、葵みどりの患者に寄り添うマイペースな勤務ぶりに振り回されることもあるがその実力を認め、フォローしている。新人薬剤師の相原くるみ(西…
コメント:0

続きを読むread more

村上春樹のメッセージ

「リテラ」に次のような記事がありました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 毎日新聞(7月11日付)のインタビューに答えて、村上春樹は『猫を棄てる』を書いた理由について、あらためてこう語っている。 〈今、書いておかないとまずいなと考えました。正直言って、身内のことで、あまり書きたくなかったんですけど、…
コメント:0

続きを読むread more

徳川宗春と吉宗

今日は、久しぶりのお出かけです。岐阜の《古文書の会》に参加してきました。コロナ禍の所為で年配の方の多い学習会なので、今日はいつもの半分ぐらいの13人の参加でした。「明智光秀」や「忠臣蔵」などに関係する史料をテキストにしてきて、現在は一宮市の「加藤家文書」で《文久三年の状況報告》の手紙です。でも、今日は弥富市の「服部家文書」にある《武陽禁…
コメント:0

続きを読むread more

Go To 利権 キャンペーン

「Go To トラベル キャンペーン」がややこしいことになっています。東京を中心とした首都圏で感染者が増えているなかでの前倒し実施に危機感を募らせる首長の声を無視する安倍内閣への不信感が高まっています。そうした世論に配慮したのか「東京発着を除外する」という方針だというのです。 山崎 雅弘さんが7月15日に「《観光業界》とひとくくりにす…
コメント:0

続きを読むread more

他者を排斥すること=命の選別

大西つねき氏が「命、選別しないとだめだと思いますよ。はっきり言いますけど、その選択が政治なんですよ」といった発言に同じ《れいわ新選組》の木村英子・参議院議員が「《命の選別》それが政治によって決められる世の中になったら、常時介護の必要な重度障害者の私は真っ先に選別の対象になるでしょう」と抗議の声をあげました。木村さんは、次のようにも言って…
コメント:0

続きを読むread more

Go To トラブル

新型コロナウイルスの第二波かと言われる東京の状況があるのにもかかわらず、安倍内閣が「Go To トラベル キャンペーン」を前倒しで実施しようとしていることに批判の声が高まっています。特に、地方の首長からの警戒する訴えが痛々しい。産経新聞が次のように伝えています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …
コメント:0

続きを読むread more

100分de名著「共同幻想論」

NHK「100分de名著」は愉しみな番組です。数々の名作を分かりやすく紹介してくれて、読んでいないのにいかにも読んだ気にしてくれます。 今回は、吉本隆明の『共同幻想論』です。吉本隆明の本は、高校生の時から読みました。ブックカバーチャレンジでも書きましたが『擬制の終焉』に魅了されました。『芸術的抵抗と挫折』や『自立の思想的拠点』などは面…
コメント:0

続きを読むread more

美空ひばり「みだれ髪」

あることを調べるために大西忠治さんの著書を読んでいて、『大西忠治教育技術著作集』の中に美空ひばりの「みだれ髪」について書かれていることを見つけました。 大西さんは、「みだれ髪」の3番の歌詞について書いています。「春は二重に巻いた帯 三重に巻いても余る秋 暗や果てなや塩屋の岬 見えぬ心を照らしておくれ 一人ぼっちにしないでおくれ」につい…
コメント:0

続きを読むread more

ゴーヤ収穫

わが家の「緑のカーテン」が、ようやく出来ました。今年は、順調に育ちました。昨日は、私の好きな《ゴーヤ・チャンプル》でした。何個も出来ているので週2でゴーヤ・チャンプルが食べれそうです。 先日、散歩に出たついでに細根山を散策しました。芭蕉も立ち寄ったという下郷家の別荘だった場所です。何回か歩いたところだったのですが今回は初めて池…
コメント:0

続きを読むread more

あいち九条の会 / 学習・交流会

今日は、「あいち九条の会」の第17回学習・交流会がオンラインでありました。九条の会は年配者が多いのでオンラインのシステムが苦手なのか参加者は意外と少なくて28人でした。「コロナ禍の下での九条運動」のテーマで本 秀紀・名古屋大学教授による講演でした。 本さんは、4月に急逝した森 英樹・代表世話人が2012年に発表した「3・11が問い…
コメント:0

続きを読むread more

CBCラジオ「聞けば聞くほど」

CBCラジオの「聞けば聞くほど」は、月曜~金曜日の9時から3時間で4半世紀続く長寿番組です。現職の時は、祝日しか聞けなかったのですが退職後のここ13年ほどはほぼ毎日聴いています。「金太の大冒険」で有名な《つボイノリオ》と小高直子アナウンサーのやり取りが楽しみな番組です。私はリスナーとして時々投稿するのですが先日、巨人の原監督の通算勝…
コメント:0

続きを読むread more

香港・国家安全維持法

香港で施行された国家安全維持法は、国家分裂、政権転覆、テロ活動、外国勢力と結託して国家に危害を加える行為という4つの活動を犯罪行為と定めている。つまり、政府に反対する言論・行動は「犯罪行為」と断定される危険性があるということです。大日本帝国時代の治安維持法と一緒です。 だから、香港の市民運動をしていた人たちが施行前日にツイッターで発信…
コメント:0

続きを読むread more

国民の命より経済

西村康稔経済再生相がBSフジの番組で次のように発言しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 小池(百合子・東京都)知事は「不要不急の東京からの移動は遠慮していただきたい」と言われているが、国の方針としては県をまたぐ移動は自由にしている。「体調が悪い方は移動は慎んでください」と(政府の)基本的…
コメント:0

続きを読むread more

私の本棚(6月7日)

①「せきれいの詩」村木 嵐(幻冬舎) ②「野村監督の教え」飯尾哲司(光文社) ③「明け方の若者たち」カツセマサヒコ(幻冬舎) ④「玉砕の島・ペリリュー」平塚柾緒(PHP) ⑤「司馬遼太郎の街道Ⅰ/東京編」週刊朝日編集部(朝日文庫) ⑥「司馬遼太郎の街道Ⅱ/京都・奈良編」週刊朝日編集部(朝日文庫) …
コメント:0

続きを読むread more

陛下という尊称

『歴史戦と思想戦』を書いた山崎 雅弘さんが6月29日に次のような発信をしていました。 ----------------------------------------------------------------------- ずっと前に投稿した内容だが、ツイッターでリツイートしたので、こちらでも再掲。昭和天皇を、批判や風刺の対象…
コメント:0

続きを読むread more

NHKスペシャル『関東大震災と朝鮮人~悲劇はなぜ起きたのか』

先日の大学での講義で関東大震災のことを取り上げたので関連書籍をよく読みました。今日は、録画してあったNHKスペシャルを見ました。 1923年の関東大震災。混乱のなか流言が広がり、多くの朝鮮人が殺害された。中央防災会議は2009年に国の機関として初めて事件を分析して『関東大震災報告書』としてまとめた。それによると軍や警察、新聞も一時は流…
コメント:0

続きを読むread more

NHKスペシャル「狂気の戦場ペリリュー~忘れられた島の記録」

『楽園のゲルニカ~ペリリュー』8巻を一気に読みました。ペリリュー島は、フィリピン・ミンダナオ島の700kmほど東にあるパラオ諸島の一つです。太平洋戦争末期にアメリカ軍がフィリピン・マカオ奪還の拠点とするために上陸してきました。3日ほどで制圧できると考えていた米軍海兵隊でしたが9月15日から2ヶ月以上の激戦となり、日本軍は戦死者106…
コメント:0

続きを読むread more

東京再燃

デイリースポーツが次のように報じています。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 2月中旬ごろからテレビ朝日「モーニングショー」などに出演し、新型コロナウイルス問題の初期からPCR検査拡充などを訴えていた呼吸器疾患の専門医、大谷義夫医師が、3日のNHK「おはよう日本」で、番組取材に、デマが拡散し「政府批判」…
コメント:0

続きを読むread more

『楽園のゲルニカ~ペリリュー』武田一義

安川寿之輔さんが発行世話人になっている『さようなら!福沢諭吉 / 9号』に彦坂 諦さんの書評が掲載されていました。マンガの『楽園のゲルニカ~ペリリュー』です。書店で探して購入しました。マンガという手法で戦争の非情さ過酷さを描いています。単行本で現在8巻まで発売されています。8巻が敗戦後の昭和21年秋のことで、「ヤングアニマル」で連載…
コメント:0

続きを読むread more

杉本美術館

昨日は、大学の帰りに《杉本美術館》に立ち寄りました。私は、この美術館が好きで年に数回は行っています。「杉本健吉 彩 の世界」がテーマの展示でした。展示作品の中で「自画像(1991年)」、「アッシジ聖フランシスコ寺院」が印象に残りました。自画像は、私が会った頃の杉本健吉さんでした。私は、この美術館のたたずまいや雰囲気が好きです。美術館…
コメント:0

続きを読むread more