クリムト展

033_0000.JPG
豊田市美術館の《クリムト展》は、平日というのに多勢の人がいて、駐車場も満杯でした。グスタフ・クリムトという画家のことはあまり知らなかったのです。ちょっと変わった画風という感覚でした。有名な「ユディトⅠ」は解説を聞いてそういう話だったのかと納得しました。敵将に色仕掛けで近づいて首をかき切った魔性の女ということでした。その敵将の首を左に抱えている絵です。
039.JPG
「17歳のエミーリエ・フレーゲの肖像」は、比較的初期の絵です。こんな絵を描いていたクリムトが仲間と一緒に改革をすすめて独特の画風を獲得していくのです。風景画を描いていた時期の心境はどんなものだっただろう? クリムトの風景画にはいいものがありました。
038.JPG
「女の三世代」や「オイゲニア・プリマフェージの肖像」が私の知っているクリムトです。

"クリムト展" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント